抑えておきたい腰痛時のダイエットについての考え方

「腰痛だけどダイエットしたい人」へのアドバイス・口コミ07

腰痛でもダイエットを止めることはありません。ダイエットにも色々ありますが、食事に関するダイエットであれば、言うまでもなく腰痛は何の制限にもなりません。唯一の問題は身体的な運動を伴うダイエットに関してです。腰痛で痛いのは腰部だけではありますが、その影響は体全体に及びます。

 

腰が痛いということは、体全体が動かせないということなのです。そのため、体を動かすこと、まして運動をするなどという場合は、とても注意深く腰の状態と相談しながら行う必要があります。まず第一に、腰の痛みが続いている間は必要以上に腰を動かすのは賢明ではありません。腰の感覚はとても微妙なもので、ちょっとした思わぬ動作がひどい結果を一瞬にしてもたらします。私自身を含め、腰痛持ちの人であれば誰もがお分かりだと思います。一瞬前までまったく問題なく動けていたのに、ちょっとした動きが引き金となって、次の瞬間から全く動けなくなってしまうことがあるのを。

 

ですから、いくらダイエットがを続けたいとしても、身体的な動きを伴うものには非常に慎重にしなければなりません。また、痛みが消えたからと言っても即座に通常レベルの運動を再開すべきではありません。無理に運動を始めれば、せっかく良好だった腰の状態も悪化しかねず、治るまでに更に時間を要すようになります。

 

痛みがあるときは、割りきって休むことに徹するのが良いでしょう。体調を整えてから、無理の無い範囲で徐々に開始するようにしましょう。その間は、食事に関するダイエットに切り替えるという手がありますので、腰が痛いからといってダイエットを一切諦める必要はありません。食事を整えることによるダイエット効果は、運動によるものに勝るとも劣らぬ身体効果をもたらすものです。

 

今まで運動ダイエットを続けてきた人には、一時期中止することは今までの折角続けてきた努力を水の泡にしかねないとても辛いことであるでしょう。けれども、いざ腰痛が発生してしまったのなら、そのときは思い切って意識の切り替えというのも大事なことです。