食欲を抑えて痩せ体質になる2つの方法

「ダイエットと食欲」への返答・アドバイス・口コミ07

ダイエット中なのに食欲が止まらなくて挫折する人は多いでしょう。食事制限をすると体が危険を察知して、普段よりも食欲が旺盛になるのは、体のメカニズムとしては当然のことです。

 

体に余計な負担をかけることなく、食欲をコントロールするコツを覚えておくと便利です。ここでは、ダイエット中に上手に食欲を抑える方法について紹介します。

 

1.水分を多く摂る

食事を制限すると、普通なら一緒に飲んいたはずのお茶などの水分もセーブしてしまいがちです。飲まず食わずでは健康に悪いので、せめて水分だけでもしっかりと摂るようにしてください。

 

胃が空っぽになると食欲が抑えるのは難しく、水分不足だと代謝が悪くなるのは立証ずみです。いつもより多めに水分補給すると、代謝が良くなり、汗もかきやすくなるのでダイエット効果が上がります。

 

栄養補給する感覚で、スポーツドリンクやダイエットシェイクなどを飲むようにすれば、自然と空腹感が減っていくでしょう。

 

2.睡眠時間を長くする

夜更かしをすると必ずといって良いほど間食をしてしまいます。特にダイエット中はストレスから睡眠不足になり、反動で夜中にドカ食いしてしまうこともあるのです。

 

体の調子が悪くなるので、このような状況は絶対に避けるべきです。普段よりも1~2時間程度、早めにベッドに入るようにして、食べ物の事を考える時間を減らすのがポイントです。

 

それでもお腹が減ってツライ時は、低カロリーの温かいスープや雑炊などの、消化の良い物を食べてください。体温を高くして代謝を良くすると眠りやすいし、レプチンという満腹中枢の働きを高める成分が活発になるのです。

 

ダイエット中の食欲をコントロールするコツは、小まめな水分補給と睡眠時間を長くすることです。お腹が減ったら水分を摂って胃を満たし、しっかりと睡眠時間を確保すれば、食欲に振り回されずに済みます。

 

また、長期間この習慣を心がければ、痩せやすい体質に変わる効果も期待できますので参考にしてください。