食事制限とコンビだからどうしてもお腹は減ってしまいます

「ダイエットと食欲」への返答・アドバイス・口コミ06

ダイエットを行うときはカロリーの制限を設ける人が多いです。今まで腹九分目まで食べていたものを腹七分目くらいまで減らすわけですからお腹が減らないわけがありません。

 

ダイエット初心者はここで勘違いするのですが、お腹が減った自分を責めてしまうのです。ダイエットを始めたのに自分に根性がないからお腹が減るんだ、と思ってしまうのです。

 

むしろ減って当たり前なのです。そのくらいの精神がないとず太くダイエットを行っていくことができません。ではその食欲を抑えそれと付き合っていくコツですが、オオバコを利用します。

 

ドラッグストアなどではよく見かけますが、粉末になったオオバコが売っています。オオバコは水に溶かすと20倍くらいにふくらみますのでお腹にたまります。

 

お腹が減って我慢できないときは、オオバコの粉末をお茶などに溶かして飲むのです。ここで溶かすものはカロリーがないものにしてください。牛乳などですとカロリーがありますので、オオバコを溶かして飲んでもカロリー摂取になってしまいます。

 

オオバコも沢山摂取しすぎると問題があり、便として出てくるとき腸で吸収されませんので蕩けたものが便として出てきてしまいます。適度な量摂取することが大事です。

 

外出先などにいてオオバコがなく、食欲を制限するのが厳しい場合には、自動販売機などで売っている温かいお茶やブラックコーヒーをオススメします。

 

温かい飲み物が食欲を抑えるのに良い、というのは聞いた方もいらっしゃると思いますが、市販のお茶は適温で販売されており苦味もありますので食欲が抑制されます。

 

ただし、これも毎日同じものを飲んでいると効果がなくなります。一週間に一度くらいの目安で、違うメーカーのものに変えることをオススメします。

 

どうしてもお腹が飲み物に慣れてくると、満腹感の持続が厳しくなってしまうのです。メーカーを一巡する辺りにはまたお腹も慣れなくなりますので、うまいこと食欲抑制と付き合っていくことができます。

 

食欲を抑制できない自分にイライラするのではなく、抑制できないことを認めそのうえでオオバコやお茶などを使って食欲を抑えること自分を認めることができるのがベストです。