歯磨きを利用したルールが食欲を抑えるのに効果的です

「ダイエットと食欲」への返答・アドバイス・口コミ05

どんなダイエット法を試したとしても、やはり一番大切なのは食べ過ぎないことです。適度な食事の量をキープしつつダイエットを行うことで、成功する確率が格段に違ってきます。とは言えダイエット中は、何かと誘惑を感じて食欲を抑えられないことが多いです。ダイエットを続けていることでストレスが溜まり、それが原因で暴飲暴食してしまうなんてことにもよくあることです。そんな中、ダイエット中の食欲を抑えるのに効果的な方法見つけることができました。

 

それは、歯磨きを利用した方法です。歯磨きをした後はもう食べないというルールを作ったのです。これが思っていた以上に効果的な方法でした。そのやり方も簡単です。食事をした後に歯磨きをする習慣をつけ、その後は一切食べ物を口にしないだけです。歯磨きをして口の中をキレイにしておくことで、もしまた何か食べてしまったら、また歯磨きをやり直さなかればいけないという気持ちになります。再度歯磨きをする手間を省きたいという気持ちにさせることで、食欲が抑えることができるのです。

 

この歯磨きの方法は、朝昼晩の食後に行います。以前は夜寝る前に歯磨きをしていたのですが、敢えて夕食後1時間以内に歯磨きを済ませるようにしました。そうすることで、夕食後の間食がなくなりました。寝る前の3時間は何も食べずに過ごすようになったのです。消化しきってから寝るようになったことで、睡眠の質も向上しましたし、朝の目覚めも良くなりました。

 

この方法を実践するようになって、歯磨きをすることで、この後は何ももう食べないという気持ちの切り替えがしっかりできるようになりました。もちろん、歯磨きした後にも、お腹が空いた、何か食べたいという気持ちになることはよくありました。ですが、歯磨きをしたのだからともう食べないのだと自分に言い聞かせ、食欲を抑えることができました。そういった気持ちの切り替えができるようになってからは、自然に間食がなくなり、夜食も食べなくなりました。おかげで、ダイエットも順調に進み、目標の体重に到達することができました。