我慢しすぎず、ストレスフリーで食欲と付き合いましょう

「ダイエットと食欲」への返答・アドバイス・口コミ02

ダイエットには、食事制限がつきものです。また、甘いものや脂っこいものの誘惑と戦うのが結構なストレスです。そしてある程度目標体重になりダイエットが成功すると、一気に反動で沢山食べてしまい、リバウンドしてしまうことも珍しくありません。そんな悲しいリバウンドを避けるためには、ダイエット中の食欲を無理なく抑え、なるべくストレスフリーで過ごすことが一番です。私の経験上、まずは、食欲を我慢しすぎないことが大事です。

 

どうしても食べたいときに無理矢理我慢するのは精神上よくありません。食べたいなあと思ったら、とりあえず食べてみるのです。ただ、その際自分が罪悪感を覚えない程度にとどめておくこと。というのは、食べ過ぎると結局後で後悔し、罪悪感に苛まれることもあるからです。

 

次に、食べる時にはなるべく沢山噛む事です。噛む事で脳の満腹中枢が刺激され、食欲の抑制につながります。しっかり噛めば、食べている実感もあるので一石二鳥だと思います。太っている人は早食いの方が多いと聞いた事がありますが、早食いイコールあまり噛まないとも言えるのではないでしょうか。噛んで時間をかけて食べることで、食欲を抑え、効果的なダイエットが期待できます。

 

また、お腹が空きそうな時間帯というのはだいたい自分で把握ができるので、その時間に合わせて何か予定を入れておくのもおススメです。仕事をしていれば、大事な書類作成やアポイントメントを入れる、休みの日なら外出先で大切な友人と待ち合わせというように、食べることを忘れてしまうくらいの予定を前もって入れておくと、いつのまにか食欲が失せている、お腹が空いたのを忘れてしまう、という素晴らしい結果につながる可能性大です。毎日何かしら予定を作るのは大変ですので、その時間帯にラジオ体操をするというルーティーンを作ってもいいかもしれません。

 

食欲は確かにダイエットの大敵ではあります。しかし、我慢しすぎると逆効果なこともしばしばなので、うまくやり過ごす方法で食欲と付き合っていくのがよいと思います。