シックスパッド(sixpad)効果なしって口コミは嘘?本当?

MENU
2018/04/21更新

シックスパッドの動画

シックスパッド(sixpad)に関する辛口気味な口コミ・質問とそれへの返答

シックスパッド2(シックスパッドフルベルトセット)着用した写真

シックスパッドのジェルシートの定期購入に引っかかりを感じるのですが・・・

シックスパッドのジェルシートの場合、定期購入を申し込んだとしても、1か月で解約することができます。

 

仕事が忙しいなどでしばらくシックスパッドをご無沙汰にしてしまった結果、ジェルシートが余ってしまうことになった場合、定期購入の1か月スキップをすることができます。

 

それでも在庫があまってしまうという方には購入周期の変更(例;30日周期を60日周期に…など)にも対応していますし、定期購入を完全に辞めて、都度購入にすることもできます。

ワンダーコア、シックスパッドをしてもお腹がへこまないのですが…

ワンダーコアもシックスパッドもお腹(腹筋)に働きかけてくれる商品なのは間違いありません。しかし、すでに蓄積させてしまっている内臓脂肪に直接アプローチできているかというとそういうわけではありません。
内臓脂肪を減らすには、「有酸素運動」や「脂分、糖質、炭水化物控えめで野菜を中心としたダイエットに良い食生活」を心がける必要があるでしょう。
ワンダーコアもシックスパッドで鍛えることに意味があるのは間違いありませんが、それでは足りていないという可能性を探ってみてはいかがでしょうか?

仕事が忙しくて寝る前にしかシックスパッドを使えないのですが効果はありますか?

筋トレは基本的に、その後の栄養補給によりその効果を高くするというのが一般的です。ですから、シックスパッドで腹筋を鍛えてから栄養補給(食事)という流れが理想的でしょう。
理想的とは言えなくても、全く腹筋を鍛えないよりは鍛えた方がダイエットに良いというのは間違いありません。自分なりにできる時にシックスパッドで腹筋を鍛えてみてください。

ワンダーコアスマートやシックスパッドをしていれば食事制限なしでも腹筋は割れますか?

これは人によると思います。普段している食事がどのようなものなのかにも個人差がありますし、体質や現状の身体にも個人差がありますので。
ただ、何も運動をしていないという人にとってはやらないよりはやっている方が何等かの良い影響があるのは間違いありません。

 

食事制限なしでワンダーコアスマートやシックスパッドをして全然思ったような効果が見られなかったとしても、実は現状の体型キープに貢献してくれていたり、やっていなければもっとひどいことになってしまっていたりとか…。

 

思ったような成果が得られないなと実感した後で食事制限・食事調整について考えてみるのが良いのではないでしょうか?

 

ただ、過剰な食事制限は、低燃費な身体、太りやすい身体を作ることにつながります。やはり、ワンダーコアスマートやシックスパッドをはじめとした運動習慣を中心にダイエットを考えていく方が良いと思います。
※不健康すぎる食事は改める必要があるかもしれません。

シックスパッドは便秘にも効果があると聞いたのですが本当ですか?

シックスパッドを販売しているMTGの公式サイトにはそのようなことは一切書かれてはいません。

 

ですが、便秘で困っている時に、シックスパッドの刺激でお腹が刺激されて便秘が解消されたという経験は何度もしています。

 

emsマシンは筋肉を収縮させるだけではなく、それなりの振動が来ます。その振動が腸まで届いた結果と言えるのかもしれません。

シックスパッドの効果は太ももにもありますか?

シックスパッドには私が購入した腹筋を鍛える「AbsFit」とウエスト・腕・脚を鍛える「BodyFit」があります。

 

AbsFitは、よほど身体が大きく、太ももが太い人でないと綺麗に本体が貼り付いてくれませんので太ももでは使うことができません。

 

BodyFit太ももを鍛えたいという場合、AbsFitを購入する必要があります。どちらのアイテムもシックスパッドの商品ですので、EMS効果はあります。

 

身体の筋肉は全てつながっていて連動していると言われていますので、腹筋を鍛えることで結果的に太ももも鍛えられている…とも言えなくはありませんが、それはやはり限りなく間接的な話で鍛えたい部分に貼る必要があります。

 

限りなく間接的であるというのは全く別の筋肉の話で、一つの筋肉(一つの筋肉には起始部と停止部がありますがその範囲)であればパッドに触れていない箇所であってもそれなりに影響を受けていると言えるでしょう。

シックスパッドのジェルシートは家族で共有できますか?

物理的には共有できなくはありません。ですが、ジェルシートは人の肌に直接触れるものですので、傷である、各種疾病感染の恐れのある場合は共有すべきではありませんので、原則共有不可と言っても良いかもしれません。←建前のような返答になりましたが。
家族でするならば1人1台持ちで自分の相棒のような存在にするのが継続性と言う面でも良いでしょう。

sixpadは弱いレベルでも効果でる?

はい。シックスパッドは弱いレベルでもそれ相応の効果はあります。ただ、筋肉は、負荷に慣れていくと言われていますので、自分で程よく負荷を感じることができるレベルを常に心がけ、ジワジワと日を追うごとにレベルを上げていくのが良いでしょう。シックスパッドのレベルマックスで負荷を感じなくなった頃には、アナタの腹筋は相当なものになっていることでしょう。

シックスパッド効かないんですけど…

理論的な観点からすると、シックスパッドをはじめとしたemsマシンは効かないということはありません。ただし、emsもどきの商品もありますので、それに関しては効かないということもあるかもしれません。

 

ただ、シックスパッドにしろ、パーフェクト4500hotにしろ、スレンダートーンにしろ、emsもどきでは、本物のemsマシンなのでやはり効かないということはありません。

 

ただし、お相撲さんのように脂肪、皮下脂肪が多すぎるなどの場合は、筋肉にまでemsの電流が届かないという場合はあるかもしれません。私はお相撲さんにemsマシンを試してもらったことがありませんので断言することはできませんが、お相撲さんであってもほとんどの方がemsベルトを着けたら、「おおぉ。効いてる効いてる。」と答えるのではないかと思っています。

 

実際付けてみて、腹筋に刺激、動かされている感覚があればそれは間違いなく効いています。効果があります。

 

ただ、それと(短期間で)痩せたいということは話は別です。emsマシンは腹筋を鍛えるということに関しては効果がありますが、利用者がそれ以上のことをemsマシンだけに望むならば「効かない」という風に誤解されることもあるかもしれません。

 

一度、食事、間食、有酸素運動の習慣等々、他のことも振り返ってみることをおすすめします。

旧シックスパッドと新しいシックスパッド2。両方と使用して感じた率直な違いを教えてください。

まず率直に思ったのがシックスパッド2の方が効きが強い、パワーアップしてる、刺激の筋肉への伝わり方に無駄がなくなっていると感じました。旧シックスパッドより、明らかに良くなってる。

 

旧シックスパッドではマックスのレベル15でもそんなにきついと思わなかったのですがシックスパッド2では、レベル6くらいでもういっぱいいっぱい。すごく効いています。

 

スペック以外だけではなく、身体へのフィット感など細かなところにも改良が加えられた結果だと思います。

メタボ解消・割れた腹筋を手に入れることが目的なのですが、アームベルト、レッグベルトも必要ですか?

経験談込みの話ですが腹筋だけひたすらアブズベルトで鍛えるには限界があると感じています。効率よく身体を絞っていくには、全身くまなく鍛えることが一番だと思います。

 

基礎代謝を考えた場合、腹筋だけをひたすら鍛えても、ある一定の値から基礎代謝量をアップさせることは容易ではありません。腹筋を鍛えるだけで基礎代謝量をアップさせていくには、ひたすらシックスパッドのレベルを上げることに注力し、筋肥大させ続ける必要があります。仮にそれを強靭な精神力で続けることが出来たとしても、腹筋そのものに限りがありますので、基礎代謝アップを考えた場合、非常に非効率となります。

 

では、レッグベルトで、身体の中で最も大きな筋肉と言われる大腿四頭筋を鍛えたらどうなのか…?大きな筋肉ほど、筋肥大させれば効率よく基礎代謝量を上げることができます。ストイックに腹筋を痛め続けるよりも、腹筋も、脚も腕も…とする方が、楽に基礎代謝量を向上させることができますので、結果、楽に消費カロリー数をアップさせることができるとなります。

 

ですから、メタボ解消においても、アームベルト、レッグベルトは役に立つと言えます。

 

個人的にはアームベルトがかなりお気に入りです。上腕二頭筋をアームベルトで鍛えると、筋肉が際立って目につくようになります。見た目にアスリートっぽくなってきます。

 

腕の筋肉が際立つだけで、身体全体の見た目のイメージが随分と違ってみます。アームベルトの威力は是非実感してもらいたいです。

シックスパッドは着けてるだけでいいとのことですが、本当に続けることができるか心配です。

自分でこういう時には着けるという風に習慣づけておくとよいです。

 

正直言って、私もまとめて全部着用するのは面倒くさい。だから私は、お腹、腕、脚をそれぞれ分けてトレーニングしてます。

 

私の場合でしたら、アームベルト(腕)は、着けている時は、手を思うように動かすことができないので、テレビを見ている時、本を読んでいる時に着けるようにしています。

 

レッグベルト、アブズベルトは、着けていても手を使うことができますので、掃除、料理、仕事などあらゆる状況で「ながらダイエット」が可能です。

 

購入したからといって、1日中つけていなければならないわけではありません。1日1セット23分だけでも、まずはクリアすることを目標にしてみてはいかがでしょうか?

 

また、シックスパッド2は、アプリで、トレーニングしてきた履歴をMP(マッスルポイント)で記録することができますし、ポイントに応じてSTAGEが上がっていきます。ロールプレイングゲームのレベル上げの感覚でSTAGE上げを楽しむということもできます。

シックスパッドのフルベルトセットはたくさんあって邪魔じゃないですか?自宅ではどのように収納していますか?

押入れの棚にポンといつでも取り出せるように重ねてあり、保管場所はそこと決めてあるので邪魔と思ったことはありません。

 

説明書類は、家電製品の説明書をまとめて保管しているアコーディオンファイルに保管。その箱は、物置に。台紙に本体を貼り付けた状態のアブズベルト、アームベルト、レッグベルトはすぐに取り出すことができる押入れの棚に保管しています。

 

また、(アームベルト、レッグベルトについている)クリアケースと保護カバーも同じ棚に保管しています。充電器については、まとめて、100均で購入できるケースに入れて、他のモノと同じように押入れの棚で保管しています。

シックスパッドフルベルトセットをフル装備で不意に宅配便が来ても大丈夫ですか?

emsトレーニングのまま出ていくのはやめた方がいいです。特にアームベルトのプルプルがばれてしまうのは危険です。

 

まず、見た目のことでいいますと、上半身は上から羽織れる何かを常に用意しておくとよいです。下半身は、ジャージ、女性であればロングスカートであれば、レッグベルトを着用しているのはばれません。

 

宅配便の方が来たら、まず冷静になることが一番大事です。ピンポンに「出ます。」と応対してから、落ち着いてアプリで全て一時停止にするかレベルを最低レベルまで落としてから、玄関の扉を開けるようにするのが良いです。

 

シックスパッド(sixpad)ブランド購入レビュー<口コミ>

シックスパッド(sixpad)は、元々、お腹用、腕・脚用のemsマシンが発売されたのが始まり。

 

しかし、今は、シックスパッド(sixpad)の名前自体が有名になり、また、emsマシン以外にも様々なアイテムが発売され、元々のemsマシンもバージョンアップして種類が豊富になっています。

 


シックスパッド(旧sixpad)効果について管理人による購入者レビュー

こちらは、最初に発売された初代シックスパッド(sixpad)の効果に関する口コミレビューです。発売されて間もない頃に購入したものなので、かなりのレアもの!?ですよ(笑)

シックスパッド(sixpad)は持ってる満足感があります。出張先にも持っていけるのも◎
シックスパッド(sixpad)を購入するまでスレンダートーンを持っていました。その後、パーフェクト4500hotも買ったんですけどね…

 

シックスパッド(sixpad)を一目見たときに反射的に惚れ込んでしまい、つい衝動買いしてしまいました。

 

これが僕のシックスパッド(sixpad)です。シックスパッドには主に腹筋を鍛える用のAbsFit(アブズフィット)と二の腕などを鍛えるBodyFit(ボディフィット)があるのですが、僕はとりあえずAbsFit(アブズフィット)だけ購入しました。
シックスパッド(sixpad)のパッケージ1 シックスパッド(sixpad)のパッケージ2
これが届いた時の外箱です。スタイリッシュです。iphoneやmacを連想してしまう感じ。この地点ですでに満足感があります。

 

シックスパッド(sixpad)本体表面 シックスパッド(sixpad)本体裏面
これがシックスパッド(sixpad)本体です。写真のように非常に薄いです。

 

シックスパッド(sixpad)本体以外。付属品一式。

これが本体以外に入っていたもの一式です。

 

右上:シックスパッド(sixpad)本体をお腹につけている時に固定するベルト

 

真ん中上:シックスパッド(sixpad)を使用していない時に貼り付けておく台

 

左上:取扱説明書

 

右下:旅行、外出時などに携帯するためのシックスパッド(sixpad)本体を入れるためのケース&中に入っているのはコイン型リチウム電池と電池を入れるときに蓋を開けるための道具

 

真ん中下:本体の電極部に貼り付けるアブズフィット高電導ジェルシート3枚入りx2個で計6枚

 

左下:使用上の注意&ジェルシートの手入れに関する説明書

 

 

 

コイン型リチウム電池パッケージ コイン型リチウム電池パッケージ2個
まず、このコイン型リチウム電池を本体にセットします。
本体裏面に電池をセットする様子1 本体裏面に電池をセットする様子2
くるっとひねって蓋を開け、電池をセットして蓋をしめます。蓋で電池を固定している形なので、蓋を締めないと電池は安定しません。蓋が開いている状態で無理に電池をカチッとさせることはできません。
アブズフィット高電導ジェルシート3枚入りx2個 アブズフィット高電導ジェルシートの薄さ早わかり画像
続いてアブズフィット高電導ジェルシートを本体に貼り付けていきます。ご覧のようにアブズフィット高電導ジェルシートも本体と同様に信じられないくらい薄いです。
アブズフィット高電導ジェルシートとシックスパッド(sixpad)本体裏面 アブズフィット高電導ジェルシートのオレンジシートをはがした状態
アブズフィット高電導ジェルシートは、オレンジ面と透明面とありますが、本体にはオレンジ面をはがして貼り付けます。オレンジ面には中央部分に切れ込みが入っていますのでそこからオレンジのシートをとるようにしてください。端からとろうとすると、透明部分の粘着力が強いので綺麗にとることができません。
アブズフィット高電導ジェルシートをシックスパッド(sixpad)本体裏面に貼り付けた直後 アブズフィット高電導ジェルシートをシックスパッド(sixpad)本体裏面に貼り付けて肌に触れる側の透明シートをはがした状態
6枚全て貼り付けるとこうなります。貼り付けた後、透明のシートをとります。
シックスパッド(sixpad)をお腹に貼り付けた状態 シックスパッド(sixpad)をお腹に貼り付け、その上から付属のサポートベルトを巻いた状態(前から)
シックスパッド(sixpad)をお腹に貼り付け、その上から付属のサポートベルトを巻いた状態(横から) 付属のサポートベルト
実際にシックスパッド(sixpad)を装着するとこんな感じです。付属品のベルトを巻くと安定感が増します。また、横から見ても非常に薄く、これならば服をある程度着る季節ならば確かに外出時でも装着していることがわかりません。
付属の台紙 付属の台紙にシックスパッド(sixpad)を貼り付けた状態

使用後は台紙に貼り付けて保管します。台紙には綺麗に貼り付きますがなぜか簡単にとることもできるようになっています。
クリアケース クリアケースにシックスパッド(sixpad)本体を収納した状態
これが携帯用のケースです。これに入れてカバンに忍ばせておけば、旅行先や出張先でも腹筋運動をせずに巻くだけで腹筋を強化することができます。専用のベルトもこのケースに入らないことはありませんが、入れるとちょっといっぱいいっぱいです。おそらくベルトまで入れる用には作られていないのでしょう。

 

シックスパッドを使用してのEMS効果について

(パーフェクト4500hot程の奥への浸透してくる感覚ではないけれど)しっかりとEMS効果を感じることができました。

 

レベルは15段階あり、ウォームアップ→トレーニング→クールダウンという流れで約23分間腹筋をトレーニングすることができます。

 

トレーニングの間もテンポや鍛え方が一定ではなく色々変わっていきますので、しっかりとお腹に刺激があり効果的にトレーニングされていると感じます(スレンダートーンは強度の調節はできるがテンポや鍛え方は一定だった)。

 

操作は、プラスを長押しすると電源が入ります。電源が入った状態でプラスもしくはマイナスを押すことで強度を調節することができます。電源を切るときはマイナスを長押しします。ちなみに約23分をそのまま巻き続けた場合、自動的に電源が切れるようになっています。非常にシンプルで使いやすいです。

 

初めて23分巻いた時は、レベル3でもちょっとお腹がピクピクして後日筋肉痛になりました。これでレベル15を問題なくこなせるようになったら、私のようにお腹がくびれてシックスパックを手に入れることができるかもしれませんよ。

 

シックスパッドを購入してみてどうだったか?

シックスパッドは、新たな生活習慣というかステータスというか、スレンダートーンの時には無かった持っているだけでの満足感があります。

 

俺はiphoneユーザーだ。俺はmacユーザーだ。みたいな…持っているだけで自分がカッコよくなったようなそんな自己満足感があって自分に酔えるといいますか、悦に浸ることができます。これで出張先でも旅行先でも腹筋をサボらないですみます。

 

そして、旅行カバンの中に、シックスパッド(sixpad)を忍ばせている自分がちょっとカッコいいというか好き…そんな気持ちになってしまう程のアイテムでした。

 

購入して…満足したか後悔したかどちらなのか?と問われたら満足したと答えます。

 

正直、現在は家、自宅ではパーフェクト4500hotをメインで使用しています。だけど、出張の時には、パーフェクト4500hotは大きいので持っていきにくく、故に、出張時はシックスパッドを今でも使うようにしています。

 

男たるもの腹筋は締めておかなきゃカッコ悪いですからね。忙しいとかそんなのは言い訳にはなりませんからね…俺はいつでもどんな時でも腹筋はギンギンに鍛えてるよ…。

 

私の場合は、パーフェクト4500hotとシックスパッドを状況に応じて使い分けることでそういうライフスタイルを実現しています…。
↑自分に酔えてます(汗)。

 

シックスパッド画像1 シックスパッド画像2
左写真は、シックスパッドの商品の内訳。左上がパッドを固定するためのベルト。左下がシックスパッド本体。真ん中が肌に触れる部分のパッド(SIXPAD専用高電導ジェルシート)。右が持ち運び用のケース。中には電池が入っています。

 

右写真は、シックスパッド本体を持った状態。非常に薄いのがわかってもらえますでしょうか?一番最初のEMSベルトの集合写真にあるスレンダートーンと比べるとその薄さが良くわかるかと思います。

 

スレンダートーンにはコードがついていますし、それなりに太いので通勤・外出にはちょっと厳しいです。でも、シックスパッドはコードがありませんし、更に非常に薄いので通勤・外出時にもつけることが可能です。

 

EMS効果についてはスレンダートーンとそれほどの差を私は感じませんでしたが、スレンダートーンは横長の形状なので、腹筋のシックスパック全てに一気にアプローチすることはできませんでした。

 

でも、シックスパッドは形状的に腹筋のシックスパッド全てに一気にアプローチすることが可能で非常に鍛える効率が良いです。

 

SIXPAD専用高電導ジェルシートは消耗品で公式サイトでは30回の使用が目安と書かれていますので、SIXPAD専用高電導ジェルシートの定期購入付き購入がお勧めされていますが、公式サイトを下の方にスクロールしていくと単体での購入も可能になっています

 

逆にまずは定期便で申し込んでみようと考えていて、後からシックスパッドジェルシートやめることできる?どうなの?と不安な人もいるかもしれないですよね。公式HP最下部にはフリーダイヤルの電話番号が記載されていますのでそちらで定期便キャンセルの申し出をすれば、後からでもすぐにやめることができますよ。

 

30回の使用が目安とありますが、汗をかかない環境で使うように心がけるなど丁寧に使えば30回以上普通に使うことができます。
↑個人の感想ですが。

 

単体【23,800円(税抜)のみ】でシックスパッドを購入する場合でも、公式サイトにログインして後からSIXPAD専用高電導ジェルシートを単体で買うこともできますし、あるいは後から定期便にすることもできます。

 

いきなり定期便を利用するのが不安な人はまずシックスパッド単体【23,800円(税抜)のみ】を購入することから始めてみてはいかがでしょうか?その他詳細については公式サイトでご確認ください。

 

ちなみに、分割払い、リボルビング払いにも対応しています。カードによって差はありますが、VISA、JCB、MASTERは対応しています。


 

シックスパッドシェイプスーツ購入してみた!SIXPADShapeSuitとSIXPADShapeSuitEXの比較

初代シックスパッド(sixpad)の次に発売されたシックスパッドブランドの商品がこれ。2代目シックスパッドの前に発売されたこともあってかやや地味というか認知度低めな一品といえるかもしれません。

SIXPADShapeSuitとSIXPADShapeSuitEX

シックスパッドというと、テレビコマーシャルの影響もあり、

 

SIXPADイコールemsマシンである

 

という風に認識している人が多いと思います。

 

しかし、シックスパッドには、SIXPADShapeSuitというウエストスーツもあるのはあまり知られていません…。

 

そして、シックスパッドシェイプスーツにはSIXPADShapeSuitとSIXPADShapeSuitEXの2種類があります。

 

今回は、
●シックスパッドシェイプスーツがどのような商品なのか?
●SIXPADShapeSuitとSIXPADShapeSuitEXの比較、違い
●emsマシンのシックスパッドとの違い
について実際に購入して調査してみました。

 

 

SIXPADShapeSuitとSIXPADShapeSuitEXの違いその1 SIXPADShapeSuitとSIXPADShapeSuitEXの違いその2
まずは、SIXPADShapeSuitとSIXPADShapeSuitEXの比較、違いについての概要を見ていきます。価格ですが、SIXPADShapeSuitはSIXPADShapeSuitEXより2,000円安いです。その価格差はどこから来るものなのかということになりますが、

 

●SIXPADShapeSuitはインナーマッスルトレーニング、サウナ
●SIXPADShapeSuitEXはインナーマッスルトレーニング、サウナ、姿勢
となっており、SIXPADShapeSuitEXには姿勢機能があるということがわかります。

 

SIXPADShapeSuitの前面 SIXPADShapeSuitの後面
こちらはSIXPADShapeSuitです。

 

SIXPADShapeSuitEX前面 SIXPADShapeSuitEX後面
これがSIXPADShapeSuitEXです。

 

 

写真だけでは、SIXPADShapeSuitとSIXPADShapeSuitEXの違いはわかりにくいかもしれませんが、現物は、かなり違います。

 

SIXPADShapeSuitはペラッとしていて今までにもこういう商品あったんじゃないかな…という印象のサウナスーツといった感じですが、SIXPADShapeSuitEXは生地がやや厚めで立体感があります。

 

SIXPADShapeSuitの重さ SIXPADShapeSuitEXの重さ
左はSIXPADShapeSuitの重さで右がSIXPADShapeSuitEXの重さ。重さだけなら2倍以上3倍近い差があります。

 

SIXPADShapeSuit裏地 SIXPADShapeSuitEX裏地
裏地は、写真でも随分と違いがわかります。

 

SIXPADShapeSuitはテカテカとツヤがあります。一般的なサウナスーツの素材といった感じですね。汗を吸収することなくそのままダラダラと落ちてくる素材ですね。構造としては、肌に触れる素材が「ポリウレタンラミネート加工生地」で、その上に「ポリエステル生地」があります(2層構造)。

 

SIXPADShapeSuitEXは、見た目ツヤが無いのはわかってもらえると思いますが、こちらは、水分をある程度吸収してくれる素材です。こちらは肌に触れる素材が「ポリエステル生地」になっていて、その上に、「ポリウレタンラミネート加工生地」、さらにその上に、「ポリエステル生地」があり、3層構造
になっています。

 

SIXPADShapeSuitを装着してみた。 SIXPADShapeSuitEXを装着してみた。
実際に装着してみてどうなのかを比較してみました。

 

シックスパッドシェイプスーツの効果について ピラーボーン
締め付けられているという感覚はSIXPADShapeSuitEXの方が強いです。

 

慣れれば大丈夫なのかなと思いますが、SIXPADShapeSuitEXは締め付けがきつ過ぎて息苦しさを感じました。

 

姿勢・態勢の変化への柔軟さがなく、常に腰部が守られているような感覚があります。

 

コルセットをイメージするとわかりやすいかもしれません。

 

一方、SIXPADShapeSuitは、生地が薄く、ピラーボーンが入っていないということもあって、姿勢・態勢への変化に対して何等かの影響を及ぼすということはほとんどなく、ただただ、締め付けてくれる感覚、まさにサウナスーツといった具合です。

 

SIXPADShapeSuitとSIXPADShapeSuitEXどちらが良い?

どちらを購入すべきか…どちらにもそれなりに特徴がありますが、整体師的観点から思うのは、SIXPADShapeSuitEXには姿勢ケアとしてピラーボーンが入っているというのがウリのようですが、これは良い姿勢を保ちやすくするためのものであって、腰部に何も巻いていない状態での良い姿勢を保つチカラを強化してくれるものではなくむしろ逆のものであるということ。

 

コルセットは、腰周囲の筋肉で姿勢を維持できない人が一時的にその補助として活用するもの。いつかはコルセットから卒業しないと、コルセットなしでは生きられなくなります。自分のチカラで姿勢を維持するのがジワジワと困難になっていきます。

 

そういう風に見ると、私としてはSIXPADShapeSuitEXの「姿勢」機能は、普通に腰部が健全な状態の方からすると、不要な機能なのではないかと感じました。

 

使い心地としても、SIXPADShapeSuitの方が気軽に巻きやすいし使いやすいと感じました。薄いですから、人からのばれにくさという面でも、良いと思いました。

 

で、シックスパッドシェイプスーツはどうなの?効果は?購入すべきもの?

emsマシンのシックスパッドは、他のemsマシンに比べると非常に薄くて使い勝手の良いものですが、それでもそれなりの厚みはあります。

 

また、(安全面から)タイマー設定になっていますので外出中、たくさん人がいるオフィスでも巻いているというのには不可能ではないにせよ現実的ではありません。シックスパッドシェイプスーツは、emsマシンのシックスパッドを装着することが出来ないシチュエーションに、それでも何かお腹を引き締めるために良いことしていたいという人が装着する商品だといえます。

 

とはいえ、皮膚呼吸という観点から、シックスパッドシェイプスーツであっても、常に装着しっ放しというのは駄目です。

 

腹部の温度上昇・発汗を促進してくれるということで言えば、お腹の引き締めにそれなりに貢献してくれると思います。ただ、筆者が装着した感覚では、快適すぎる環境でただ装着しただけではそれほど汗が出まくるというわけではありませんでした。

 

端的に言えば、ただ自宅で快適に過ごしながらシックスパッドシェイプスーツを装着していても…それほど効果を感じることはできないのではないのかなと…。そういうことを考えると、emsマシンのシックスパッドは、快適な状況であってもキチンと腹筋に負荷を与えてくれるので素晴らしいものだなと。

 

スポーツクラブでのジョギングや筋トレの際に巻いておくのであれば腹部の発汗促進となり、よりよいかなという具合でしたね。

特設コンテンツ!読めば全てがわかる!新発売のsixpad2の全容と旧sixpadとの違い!

新しいシックスパッド2x2
2017年4月29日新発売のシックスパッド2。この2アイテムを含む計10アイテムが今回新たに新発売となりました。

 

sixpad(シックスパッド)といえば、もはや説明するまでもないかもしれない、ems腹筋マシン。今回は、その新発売したsixpad2(シックスパッド2)の新商品について余すことなくその全容を徹底解明していきます。

新発売となったsixpad2(シックスパッド2)アイテムとこれまで販売されていたsixpad(シックスパッド)との比較。まとめ。

以前から販売されているsixpad(シックスパッド)アイテム一覧

アブズフィット 腹直筋用emsマシン
ボディフィット ウエスト(外腹斜筋・内腹斜筋)・腕(上腕二頭筋)・脚(大腿四頭筋)用emsマシン
シェイプスーツ 着圧による腹部のインナーマッスルトレーニング&サウナ機能
シェイプスーツEX 着圧によるインナーマッスルトレーニング&サウナ&姿勢サポート機能

2017年4月29日新発売のsixpad2(シックスパッド2)アイテム一覧

アブズフィット2 emsマシン。Abs Fit(アブズフィット)の進化版。
ボディフィット2 emsマシン。Body Fit(ボディフィット)の進化版
アブズベルト emsマシン。ベルト式。お腹周り(腹直筋と左右の外腹斜筋・内腹斜筋)をまとめて鍛えることができる。
アームベルト emsマシン。ベルト式。上腕部(上腕二頭筋・上腕三頭筋)を鍛えることができる。
レッグベルト emsマシン。ベルト式。上腿部(大腿四頭筋・内転筋・ハムストリングス筋など)を鍛えることができる。
トレーニングスーツ タイツ 着圧インナー。下腿部のマッスルトレーニング
トレーニングスーツ ハイウエストタイツ 着圧インナー。下腿部〜腹部のマッスルトレーニング(2017年5月下旬発売予定)
トレーニングスーツ アーム 着圧インナー。腕部のマッスルトレーニング
トレーニングスーツ ウエスト 着圧インナー。腹部のマッスルトレーニング&くびれ補整&サウナ&姿勢サポート機能

※赤字部分がShape Suit、Shape Suit EXとの違い。

HMBサプリメント sixpad(シックスパッド)の効果を最大限に高める「筋肉合成促進&筋肉分解抑制」ためのサプリメント。

※旧sixpad(シックスパッド)はこれまでと同様に発売は継続されるようです。これまでのsixpad(シックスパッド)は、新発売のsixpad2(シックスパッド2)と比べて、一言で言えば、良くも悪くも、アナログな商品です。新商品がバージョンアップしたと言っても人によっては、旧バージョンの方がいいという人もいます。そのあたりについては記事を読み進めていただけるとなるほどとご納得いただけると思います。

sixpad2(シックスパッド2)新商品、これまでのsixpad(シックスパッド)と何が違う?

新発売されたsixpad2(シックスパッド2)アイテム・・・すごく多いです。一つ一つ見ていきましょう。

 

最初に断っておきますが、全部購入する必要はないと私は感じています。

 

アイテム各々の特徴を知り、自分の要望、ライフスタイルと照らし合わせた上で必要な新商品をチョイスすればよいと思います。

 

最後には、私が、今回チョイスし、注文、購入を決断した、sixpad2(シックスパッド2)の新商品も紹介させていただいてます。

ems腹筋マシンについて

emsマシンは、これまで、腹直筋用のAbs Fit(アブズフィット)と、外腹斜筋・内腹斜筋&上腕部(上腕二頭筋)&上腿部(大腿四頭筋)用のBody Fit(ボディフィット)がありました。

 

今回、新たに、追加で、Abs Fit2(アブズフィット2)、Body Fit2(ボディフィット2)、Abs Belt(アブズベルト)、Arm Belt(アームベルト)、Leg Belt(レッグベルト)の5アイテムが新発売となりました。

新発売5アイテムに共通する進化した点は、
iot対応emsマシンであるということ。

IoT(Internet of Things)とは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。
引用元:モノのインターネット - Wikipedia

新発売5アイテムは、アプリをダウンロードして、

  • 電源のオンオフ、一時停止、レベル設定などsixpad2(シックスパッド2)の操作を本体ではなくスマホで行なったり
  • Abs Belt(アブズベルト)とArm Belt(アームベルト)2台とLeg Belt(レッグベルト)2台の計5台を本体ではなくスマホ操作で同時にスタートさせたり(最大6台までのペアリングが可能)
  • トレーニングの状況をスマホで確認(進捗が表示されるので正常に動作しているかを確認することにもなる)することができたり
  • トレーニングした時間、回数を数値管理することができたり【mp(マッスルポイント)と数値で継続努力値を貯めることができる仕組み】
  • トレーニングログ、レベル記憶の機能があったり
  • 電池残量をスマホで確認できたり、各種アラートをスマホで受け取ることができたり
  • sixpad(シックスパッド)の開発に関わった”運動医科学界を牽引しているEMS世界最高峰の権威、京都大学名誉教授森谷敏夫氏”を始め、sixpad(シックスパッド)に関わる著名人からのsixpad(シックスパッド)・ダイエット・トレーニングに関するアドバイスコンテンツを見ることができたり

など、スマホど連動させてemsトレーニングを管理することが可能になりました。
シックスパッド2のアプリ
IOT機能に関しては、どんどん開発を進め、どんどんバージョンアップ、レベルアップさせて、より一層便利な仕組みにしていく予定があるらしいです。

 

電源が充電式になった。

旧sixpad(シックスパッド)はコイン電池式でしたが、新sixpad2(シックスパッド2)は充電式。1日1回、23分のemsトレーニングをする場合、1回のフル充電で、約1ヶ月はもつそうです。

 

端っこ(エッジ)の部分が柔らかくなった

旧sixpad(シックスパッド)は硬めで、屈んだ際に、お腹に刺さるようになってしまうことがありましたが、新sixpad2(シックスパッド2)では、それへの対策として、端っこ、エッジの部分が旧sixpad(シックスパッド)よりも柔らかくなっています。

 

緑色のLedランプが操作部分に加わった。

これにより、使用中にsixpad(シックスパッド)の電源がオンなのかオフなのか一目で確認出来るように変わってます。旧シックスパッドにはランプが無いため、sixpad(シックスパッド)着用時に「あれっ!?もしかして止まってしまっていない?」と疑問を抱いた際に、目だけで確認する術がありませんでした。

 

ちなみに充電中はこのLedランプが赤色になります。

 

持ち運び時の誤作動を防止するためのスポンジ付き

旧sixpad(シックスパッド)は、ケースに入れて持ち運びする際、操作部分が出っ張っているため、誤作動させてしまうことがありました。しかし、新sixpad2(シックスパッド2)では、収納時に誤作動を防止するための操作面を囲うスポンジがついてきます。

 

他にも

強度が15段階から20段階に。旧sixpad(シックスパッド)よりも強い負荷が5段階加わった。
操作音・電子音が高めで、聞き取りやすくなった。
ケースの質感が柔らかくなった。スライド式がジッパー式になった。
裏面のジェルシートを貼る位置に貼る目安となる枠線が引かれたので、ジェルシート交換がしやすくなった。

などが、変わっています。

 

一方で、良くない変化は、、、といいますと、

 

操作部分がわずかに数ミリほど大きくなった

ということですかね。これは最新のiot導入ゆえ、致し方ない気がしますが、、、とは言っても数ミリの話し。ほぼほぼ大きさは変わっていないと言ってしまっても問題のない変化です。

 

新sixpad2(シックスパッド2)は、ベルト、パッド面の薄さ約3mm、操作部約18mm。

 

当然ながら、スレンダートーンなど他のemsマシンと比べると圧倒的に薄いです。Iotが導入されたにも関わらず…です。

以上が旧sixpad(シックスパッド)⇒新sixpad2(シックスパッド2)での基本的な変化項目です。

 

Abs Fit2(アブズフィット2)、Body Fit2(ボディフィット2)の純粋にAbs Fit(アブズフィット)、Body Fit(ボディフィット)がバージョンアップしただけですので、変わった点は上記のポイントのみとなります。

 

上記ポイントを基本的な変化項目とした上で…それ以外の3つのemsアイテム【Abs Belt(アブズベルト)、Arm Belt(アームベルト)、Leg Belt(レッグベルト)】には更なる変化項目があるということになります。

 

続いて、【Abs Belt(アブズベルト)、Arm Belt(アームベルト)、Leg Belt(レッグベルト)】が旧sixpad(シックスパッド)とどう違うのか?何が変わったのか、、見ていきましょう。

 

管理人


新発売Abs Belt(アブズベルト)とは…

Abs Belt(アブズベルト)表面 Abs Belt(アブズベルト)裏面

 

新発売のAbs Belt(アブズベルト)は腹直筋だけではなくて左右の外腹斜筋・内腹斜筋も同時に鍛えることが出来るアイテム。ここだけの話し、emsベルトの草分け的存在と言えるスレンダートーンのベルト式に近いモデルです。

 

これが、今回の数ある新sixpad2(シックスパッド2)アイテムの中でも目玉商品だと思います。

 

実際に使って見ると、ベルト式なのでAbs Fit(アブズフィット)に比べて身体への貼り付き具合に安定感を感じます。これには、エッジが柔らかくなったことも影響しているでしょうね。

 

旧sixpad(シックスパッド)だと、腹直筋プラス左右の外腹斜筋をトレーニングしようと思ったら、Abs Fit(アブズフィット)を1台、Body Fit(ボディフィット)を2台購入(アブズ&ツインボディセット)する必要がありましたが、Abs Belt(アブズベルト)なら、1台持っているだけで出来ちゃうからいいですよね。

 

新発売Arm Belt(アームベルト)とは…

上腕部の上腕二頭筋あるいは、上腕三頭筋を鍛えるには、旧sixpad(シックスパッド)では、Body Fit(ボディフィット)でした。Body Fit(ボディフィット)は、上腕部に装着するとベルトタイプではないので上腕二頭筋はまだ良いのですが、上腕二頭筋に使うには何かしらのバンドで固定する必要がありましたし、装着の安定感に乏しいアイテムでした。

 

しかし、Arm Belt(アームベルト)は、ベルト式になっているので、装着時の安定感は抜群に良いです。

 

そして、これは個人的余談になりますが、恥ずかしながら今回初めてsixpad(シックスパッド)の上腕部アイテムを上腕部に装着したのですが…

 

Arm Belt(アームベルト)を装着した写真 Arm Belt(アームベルト)収納時の写真

 

Arm Belt(アームベルト)めちゃめちゃ効果あるのだなとビックリしました。上腕部二頭筋にsixpad(シックスパッド)を装着すると、明らかに筋肉を収縮させていることがわかります。

 

何故なら、Arm Belt(アームベルト)を使用すると上腕二頭筋が収縮してしまうので蝶番関節である肘が折りたたまれ腕が強制的に曲げられた状態になるのです。伸ばそうとしても伸びません。これが正に、筋収縮。凄くわかりやすいsixpad(シックスパッド)の効果です。

 

腕の自由が利かなくなるので、パソコンしながら…家事しながら…というは、ガッツリ効かせてる強度では無理です。でもテレビを見ながらは大丈夫。スマホ見ながら…ならなんとか出来るかな?と言った具合ですね。

 

これまで腹直筋、外腹斜筋にしかsixpad(シックスパッド)を使ったことが無かった私は、このArm Belt(アームベルト)による上腕二頭筋への筋肉へのアプローチで再認識しました。

 

sixpad(シックスパッド)はやはり、効果があるのだなと。

 

また、これまでは、上腕部用のsixpad(シックスパッド)というのは女性が二の腕のたるみを解消させるために使うだけのものだと勝手に思いこんでいましたが、それは間違いでした。

 

Arm Belt(アームベルト)はガッツリ、筋トレになってます。着けてるだけでガチンコのアームカールになってます。感覚が、アームカールしてる時の感覚とほぼ同じなんです。腕がプルプルします。

 

コツコツと負荷を日々ジワジワと上げていくような使い方をすれば、逞しく、男らしい太い腕に出来ると感じました。

 

女性の二の腕の引き締め目的に関しても勿論役立ちます。

 

体脂肪率が女性の方が男性より全般的に高いことからも想像しやすいと思いますが、女性は全般的に男性レベルに筋肉が目に見えてつくわけではありません

 

必要以上に筋肥大しない負荷で、日々sixpad(シックスパッド)に取り組めば、全然鍛えてなくてたるんだ筋肉が引き締まり、結果二の腕が引き締まるという恩恵を得ることができます。

 

商品のニーズとしては「ポッコリお腹を解消したい」「腹筋を割りたい」などニーズが多さではAbs Belt(アブズベルト)が1番なんでしょうけど、sixpad(シックスパッド)の凄さを1番実感できる、仕組みと効果が最もわかりやすいのはArm Belt(アームベルト)だと思います。

 

新発売Leg Belt(レッグベルト)とは、、、

 

Arm Belt(アームベルト)と同様に、体肢を鍛えるためのアイテム。内容、構造としてはArm Belt(アームベルト)と似ています。

 

大腿四頭筋は人体の中で最も大きな筋肉と言われています。また、ハムストリング筋は、大きな筋肉であり、普段は意識して中々使う機会が少ない筋肉です。内転筋も、意識して使うということは基本ない筋肉です。

 

これらを鍛えて、大腿部の筋肉量を増やすことは、車で例えるなら、燃費を悪くするようなものです。基礎代謝量をアップさせて、カロリー消費量アップに繋げることが出来るのです。

 

めちゃめちゃパワーがあって、早いんだけど、燃費が悪いスポーツカーを思い浮かべてもらうとわかりやすいかな。

 

Leg Belt(レッグベルト)に関しては、中京大学と「大腿四頭筋における最適電極位置の検証」という共同研究がされていて、神経支配対位置と刺激電極位置の相関を研究し、どの位置にパッドを貼るのが適切かなどの研究を踏まえた上での商品となっているそうです。

 

ここまでが、今回新されたsixpad2(シックスパッド2)の中でもemsアイテムに関して。続いてはTraining Suit Tights(トレーニングスーツ )について見ていきます。

 

管理人


sixpad2(シックスパッド2)の着圧、加圧アイテム

sixpad(シックスパッド)と言えば、「クリスティアーノロナウド(クリロナ)のCMのアレでしょ?という人が多いと思いますが、sixpad(シックスパッド)には、emsマシン以外にもアイテムがありました。

 

それが、Shape Suit(シェイプスーツ)とShape Suit EX(シェイプスーツEX)です。これらは

  • Shape Suit(シェイプスーツ)|着圧による腹部のインナーマッスルトレーニング&サウナ機能
  • Shape Suit EX(シェイプスーツEX)|着圧によるインナーマッスルトレーニング&サウナ&姿勢サポート機能

が特徴のアイテムです。

 

そして、今回、新たに、emsマシンではないアイテムとしてTraining Suit Tights(トレーニングスーツ タイツ)、Training Suit HighWaist Tights(トレーニングスーツ ハイウエストタイツ)、Training Suit Arm(トレーニングスーツ アーム)、Training Suit Waist(トレーニングスーツ ウエスト)と新商品が出ました。
※Training Suit HighWaist Tights(トレーニングスーツ ハイウエストタイツは2017年5月下旬発売予定

 

これらは、Shape Suit(シェイプスーツ)とShape Suit EX(シェイプスーツEX)とどう違うのか?

 

まずはShape Suit(シェイプスーツ)・Shape Suit EX(シェイプスーツEX)と最も形状が似ていて、アプローチする箇所が同じであるTraining Suit Waist(トレーニングスーツ ウエスト)を比較対象として見ていきます。

 

まずは公式サイトを元に機能を比較してみましょう。

Shape Suit(シェイプスーツ) 着圧による腹部のインナーマッスルトレーニングとサウナ機能
Shape Suit EX(シェイプスーツEX) 着圧によるインナーマッスルトレーニングとサウナと姿勢サポート機能
Training Suit Waist(トレーニングスーツ ウエスト) 着圧による腹部のインナーマッスルトレーニングとくびれ補整

このようになります。Training Suit Waist(トレーニングスーツ ウエスト)ではサウナ機能、姿勢サポート機能の文字がなくなりくびれ補整の文字が加わっています。ちなみにサイズは、4商品ともにS、M、L、LLと揃っています。

 

文字だけだと正直ちょっとわかりにくいです。現物を比較してみました。

 

Training Suit Waist(トレーニングスーツ ウエスト)前からの写真 Training Suit Waist(トレーニングスーツ ウエスト)後ろからの写真
この写真は両方ともTraining Suit Waist(トレーニングスーツ ウエスト)の写真です。

 

Training Suit Waist(トレーニングスーツ ウエスト)にはマジックテープで腰部・腹部をより安定させることができるようになっていますが、Shape Suit(シェイプスーツ)シリーズにはマジックテープでのベルトのようなものはありません。

 

正直それくらいしか違いはわかりませんでしたね…。サウナ機能、姿勢サポート機能…この厳密な定義がよくわかりませんが、Training Suit Waist(トレーニングスーツ ウエスト)には全くそれが無いとは言えないように思いましたね…。

 

Training Suit Waist(トレーニングスーツ ウエスト)以外のTraining Suit Tights(トレーニングスーツ タイツ)、Training Suit HighWaist Tights(トレーニングスーツ ハイウエストタイツ)、Training Suit Arm(トレーニングスーツ アーム)は元々それに該当する旧バージョンのアイテムがありませんでしたから、単純に、

  • 着圧による下腿部のマッスルトレーニングが出来るアイテムが新発売⇒Training Suit Tights(トレーニングスーツ タイツ)
  • 着圧による下腿部〜腹部のマッスルマッスルトレーニングが出来るアイテムが新発売⇒Training Suit HighWaist Tights(トレーニングスーツ ハイウエストタイツ)
  • 着圧による腕部のマッスルマッスルトレーニングが出来るアイテムが新発売⇒Training Suit Arm(トレーニングスーツ アーム)

と捉えれば間違いありません。

 

続いては、実際のアイテムを見ていきましょう。

 

Training Suit Arm(トレーニングスーツ アーム) Training Suit Tights(トレーニングスーツ タイツ)
写真左(1枚目)がTraining Suit Arm(トレーニングスーツ アーム。写真右(2枚目)がTraining Suit Tights(トレーニングスーツ タイツ)。

 

最初に触って驚いたのは、つなぎ目が無いこと。コンプレッションウエアも、着圧ウエアも、着圧の強度の差の違うものを着合わせることで、目的とする効果を実現しています。

 

ですから、どうしてもつなぎ目があるものが多いです。しかし、この着圧ウエア、トレーニングスーツシリーズにはつなぎ目がありません。にも関わらず、伸縮性の良い素材の箇所(ストレッチゾーン)とそうではない箇所(ハイパワーゾーン)が混じっています。これら素材の伸縮差は2.5倍だそうです。

 

これは純粋に技術として凄いのだろうなと思ったのもありますが、つなぎ目がないということは、身体につなぎ目の跡がつかないということで実用性でも嬉しいことですよね。

 

こういったウエアはよく、スポーツ選手、アスリートが着用してるよね…って思った人が多いかも知れません。

 

ですが、今回のTraining Suit(トレーニングスーツ)シリーズは、それはとは180度違うアイテムです。

 

私たちがよく目にするスポーツ選手、アスリートが着用してるのは、コンプレッションウェアと言って、筋肉に合わせて適切に適度に負荷をかけることで、パフォーマンスを向上させるアイテムです。

 

一方、今回のTraining Suit(トレーニングスーツ)シリーズは、真逆。

 

コンプレッションウェアとは逆に筋肉に合わせて適切に適度に負荷をかけることで、パフォーマンスを低下させるアイテム。より運動強度を上げて、トレーニング効果を高めるためのアイテムです。

 

こちらは例えるなら、「巨人の星の大リーグボール養成ギブス」、あるいは「手首、足首に鍛えるためにつける重り」…などに近い効果を狙ったもの。パフォーマンスの向上とは真逆であることはわかってもらえたでしょうか?

 

Training Suit Arm(トレーニングスーツ アーム)を着用した写真1 Training Suit Arm(トレーニングスーツ アーム)を着用した写真2
実際につけてみるとこんな具合。適度に圧がかかっているのを感じることが出来ます。

 

ハムストリングへの負荷がTraining Suit Tights(トレーニングスーツ タイツ)を着用することで未着用時に比べると約1.3倍になったという開発者側の実験結果もあるそうです。

 

emsマシンはコンパクトて言っても、通勤電車、職場では着用するのは難しいですから…。そういったシチュエーションではこちらを使うなどして使い分けるといいですね。

 

ただし、負荷をかけるということなので、24時間付けっ放しは推奨されてません。推奨されているのは1日5時間です。

 

sixpad(シックスパッド)の筋肉サプリ(HMB Supplement)も新発売になった

2017年4月29日リリースのシックスパッドの新アイテム。

 

sixpad HMB Supplement

今回は、身体に身に着けるものだけではなく、サプリメントもsixpad(シックスパッド)シリーズで登場しました。それが、「sixpad HMB Supplement」。

どんな商品なのか…?まずHMBという成分は、最近、注目されている成分です。

 

HMBは、摂取することで筋肉合成シグナルを活性化し、筋肉合成を促進させたり、筋肉の分解を抑制するのに貢献している成分であると言われています。

 

しかし、このHMBはタンパク質の中に10%しか含まれていないロイシンの中に5%しか含まれていません。つまり、タンパク質の中には0.005%しか含まれていない成分なのです。

 

筋肉をつけるために、タンパク質を摂取しよう!プロテインを摂取しよう!とはよく言われますが、肉・・・プロテイン…HMBを効率よく摂取できているとは言い難い現実があります。なにせHMBはタンパク質の中に0.005%しか含まれていないのですから。

 

sixpad HMB Supplementを1日3粒摂取すれば、HMBCaを1,500mg摂取することができます。これは一般的なプロテインならば12杯ほど飲まなければ摂取できない量。

 

また、HMBCaの恩恵をより得るために、一緒に摂取した方が良いとされる成分、グルコースとビタミンDもsixpad HMB Supplementには配合されています。

 

筋肉は運動しなければ、年間で≒1%づつ失われていくと言われています。対象者3名なので厳密に有意差が認められたとは言えない実験結果なのかもしれませんが、MTG社の社内実験によれば

  • HMBサプリメントを8週間飲み続ける(emsマシンのsixpad使用なし)⇒筋厚の変化なし
  • emsマシンのsixpad使用のみ8週間⇒筋厚7mm(18%)アップ
  • HMBサプリメントとemsマシンのsixpadを8週間併用⇒8mm(26%)アップ

という結果になったそうです。emsマシンについては素晴らしいと言わざるを得ない結果。サプリメントについては何とも言い難いデータではありますが…。今後の更なる研究結果に期待と言ったところでしょうか。

 

ただ、HMBサプリメントというのは、今、かなり流行の兆しを見せているアイテムで、他社から様々なHMBサプリは販売されてはいます。実は私自身、ビルドマッスルhmbというサプリメントをかれこれ半年ほど飲み続けています(そのことについてはこちらで詳しく書かせていただいています)。

 

ビルドマッスルhmbとsixpad HMB Supplementを比較すると…

  • sixpad HMB Supplementだと、グルコース・ビタミンDも同時に摂取できる(ビルドマッスルhmbには含まれていない)。
  • sixpad HMB Supplementには、錠剤に味(レモン味)がついていて、ラムネのように美味しい。水なしでも噛んで食べれる(ビルドマッスルhmbは水で流し込まなければならない)。

という違いがあります。また、ビルドマッスルhmbがどうかは定かではありませんが、sixpad HMB Supplementは、

  • 原料の精製を日本で行っていて高純度の原料が実現されています。
  • 日本のサプリメーカーの約3%でしか取得していないというGMP認証を取得した工場で作られいます。

これらも、sixpad HMB Supplementの魅力ポイントと言えます。

 

ビルドマッスルhmbの定期購入のキリが良いところで、物は試しにとsixpad HMB Supplementに乗り換えてみようかなと考えています。

 

sixpad HMB Supplementは定期購入すると、通常価格の20%オフになるそうです。

 

新sixpad(シックスパッド)商品、購入セット、価格一覧

新sixpad(シックスパッド)単品価格一覧

Abs Fit2 25,800円(税別)
Body Fit2 19,800円(税別)
Abs Belt S/M/L 39,800円(税別)、LL/3L 43,000円(税別)
Arm Belt 22,800円(税別)
Leg Belt 27,500円(税別)
Training Suit Tights 14,800円(税別)
Training Suit High Waist Tights 17,800円(税別)
Training Suit Arm 7,800円(税別)
Training Suit Waist 9,800円(税別)
HMB Supplement 5,500円(税別)

 

新sixpad(シックスパッド)用ジェルシート価格一覧

Abs Fit/Abs Fit2 1ヵ月分3,800円(税別)、3ヵ月分セット10,260円(税別)、6ヵ月分セット19,380円(税別)、12ヵ月分セット36,480円(税別)
Body Fit/Body Fit2 1ヵ月分2,600円(税別)、3ヵ月分セット7,020円(税別)、6ヵ月分セット13,260円(税別)、12ヵ月分セット24,960円(税別)

※左右同時に使用の場合はx2個必要となります。

Abs belt 1ヵ月分4,900円(税別)、3ヵ月分セット13,230円(税別)、6ヵ月分セット24,990円(税別)、12ヵ月分セット47,040円(税別)
Arm belt 1ヵ月分2,600円(税別)、3ヵ月分セット7,020円(税別)、6ヵ月分セット13,260円(税別)、12ヵ月分セット24,960円(税別)

※左右同時に使用の場合はx2個必要となります。

Leg belt 1ヵ月分2,900円(税別)、3ヵ月分セット7,830円(税別)、6ヵ月分セット14,790円(税別)、12ヵ月分セット27,840円(税別)

※左右同時に使用の場合はx2個必要となります。

※期間は毎日使用した際のジェルパッドの目安の耐用期間です。使用頻度次第ではそれ以上持つ場合もございます。
※3か月セットは10%オフ。6ヶ月セットは15%オフ。12ヶ月セットは20%オフになっています。

 

新sixpad(シックスパッド)セット価格一覧

ツインボディセット2 Body Fitx2で36,800円(税別)【7%オフ】
ツインアームセット Arm Beltx2で42,400円(税別)【7%オフ】
ツインレッグセット Leg Beltx2で51,100円(税別)【7%オフ】
アブズ&ツインボディセット2 Abs Fit2+Body Fit2x2で60,800円(税別)【7%オフ】
アブズベルト&ツインアームセット Abs Belt+Arm Beltx2で

Abs BeltがS/M/Lなら79,400円(税別)【7%オフ】
Abs BeltがLL/3Lなら82,400円(税別)【7%オフ】

アブズベルト&ツインレッグセット Abs Belt+Leg Beltx2で

Abs BeltがS/M/Lなら88,100円(税別)【7%オフ】
Abs BeltがLL/3Lなら91,100円(税別)【7%オフ】

フルベルトセット Abs Belt+Arm Beltx2+Leg Beltx2で

Abs BeltがS/M/Lなら126,300円(税別)【10%オフ】
Abs BeltがLL/3Lなら129,200円(税別)【10%オフ】

アーム&タイツセット Training SuitのArm+Tightsで21,000円(税別)【7%オフ】
ウエスト&タイツセット Training SuitのWaist+Tightsで22,800円(税別)【7%オフ】
アーム&ハイウエストタイツセット Training SuitのArm+High Waist Tightsで23,800円(税別)【7%オフ】
トレーニングスーツフルセット Training SuitのArm+Waist+Tightsで29,100円(税別)【10%オフ】
ツインタイツセット Training SuitのTightsx2で27,500円(税別)【7%オフ】
ツインハイウエストタイツセット Training SuitのHigh Waist Tightsx2で33,100円(税別)【7%オフ】
ツインアームセット Training SuitのArmx2で14,500円(税別)【7%オフ】
ツインウエストセット Training SuitのWaistx2で18,200円(税別)【7%オフ】
EMSマシンランキングTOP5
  1. パーフェクト4500HOT
  2. VアップシェイパーEMS
  3. BONIC(ボニック)
  4. SIXPAD(シックスパッド)
  5. スレンダートーン

シックスパッド(sixpad)の効果に関する口コミ【12件】

シックスパッドに関する口コミ1

シックスパッドでロナウドと一体気分!
40代を目前にいわゆる中年太りというので、お腹や腰回りだけがだぶつく感じで太ってきたことが気になりました。ダイエットをして1キロ痩せてもお腹と腰はそのまま…。逆にだぶつきが目立つので、これは安易なダイエットではなく鍛えて引き締めなければいけないと思いEMSベルトを購入することにしました。

 

いろいろでていますが、私が選んだのはシックスパッドです。単純にクリスティアーノ・ロナウド のファンだからです。

 

ダイエットグッズやトレーニンググッズが長続きしない私ですが、シックスパッドはロナウドも今頃使っている…と思うと興奮してきちゃいます。まだ先週届いたばかりで1週間も経っていないのでスカートがゆるくなったなどの具体的な効果は実感できていないのですが、EMSによる効果だけではなくドキドキ感やときめき感で基礎代謝があがっているようで、食べすぎても体重をキープできています。

 

シックスパッドは価格も高すぎないと思いますし、よくあるぐるっと巻くベルト状ではなくパッド状なので窮屈さやいかにも装着していますという感覚がないのと、ボディ用が使いやすいので概ね満足しています。なによりあのロナウドが使っていて、あの腹筋をキープしているというのが最高です。

 

シックスパッドを使い始めてから、サイズダウンなどの効果はまだみられませんが、お腹を刺激されるからかお通じがよくなり、毎日すっきり過ごせます。2週間後、1か月後が楽しみです。

シックスパッドに関する口コミ2

シックスパッドは主人にも効果があるのか、実施中です!
私の家族は、シックスパッドに助けられています。息子は、それを使用することによって、運動クラブで恥ずかしくない、体つくりをすることができました。

 

また娘は、理想の体型に向かって、利用することにしています。シックスパッドはいつでもどこでも利用することが出来るので、とても便利なのです。そんな二人の様子を見ていた主人が、今度は自分が変化を感じたいと思ったらしく、シックスパッドを使用するようになりました。

 

主人は、50歳なのでそれを使用したからといって、そんなに変化をタップリと感じることはないだろうと思っていたのです。また、きっと途中で逃げ出してしまうだろうとも思っていました。

 

何をしても、その途中で実感することができなくなると、投げ出してやめるということを繰り返していたからです。そんな時、シックスパッドだけは、もう3ヶ月も実施することができています。

 

シックスパッドはテレビを見る時、仕事をしている時など簡単に利用することが出来るので、気にいっているようです。主人の体は、少し変化が見られ始めています。メタボと診断された腹部が、少し凹んでいるのです。

 

その様子に一番喜んでいるのは、なんとこの私なのです。メタボであることを意識して、その変化に喜んで実感する楽しさを感じてくれる主人が、いいと思っているからです。健康に気をつけることをしなかった主人が、そのように意識が変わったのは、シックスパッドのおかげであると思っています。

シックスパッドに関する口コミ3

腰痛持ちだけど腹筋を6つに割りたくてMTGのシックスパッドを使用し始めました
私は腰痛持ちで、ほとんどの運動が出来ません。とくに筋トレなんかはやったらお医者さんに何を言われるかわからないですし、下手したらしばらく動けなくなりそうです。

 

ですが腹筋を6つに割ってみたいのです。運動がまったく出来ないので腹筋はぶよぶよです。

 

上記の理由で今までは諦めていました。しかしインターネットを観ていたところ、MTGのシックスパッドなら腰痛で運動が出来ない人でも腹筋を効率的に鍛えることが出来るという記事を見つけました。

 

シックスパッドなら腰に負担をかける事無く腹筋を鍛えられる、これはまさに理想的です。という事で早速購入しました。シックスパッドは一回三十分無いくらいの時間使用するだけという簡単なもので、使用方法はとくに迷う事はありませんでした。

 

最初調子に乗ってレベルを上げすぎてしまったら、体の中から激しくつねられたような感じになりかなり痛かったです。かなり痛いので注意が必要です。

 

他に使用上の注意点はありませんが、私が使ってみて思ったのは、腹筋を割ろうと思ったら多少ダイエットも必要という事でした。このシックスパッドを使って筋肉を付けても、脂肪が厚いと筋肉が見えません。

 

ですので、最低限ぽっこりお腹をへこます必要があります。私はダイエットでお酒を止めてお腹をある程度へこませたら、うっすらと腹筋が見えてきました。

 

効果はありますが、ぽっこりお腹だと確認できない感じみたいです。まったく運動をする事無く腹筋が割れた(私の場合少しですが)ので、本当に効果はあると思います。

 

シックスパッドの値段は安くはありませんが、付けているだけで苦労せず腹筋を割ることが出来るのは良いですね。レベル調整により徐々に強くしていけば、いつかは6つに腹筋を割ることが出来そう(ダイエットも必要ですが)です。個人的には非常に良い買い物をしたと思っています。

シックスパッドに関する口コミ4

ダイエットにシックスパッドを使ってみた
以前ダイエットをした時、アブトロニックというEMS器具のような走りのようなものがあり、当時実際に購入して試した所効果を感じることができたので、良いイメージを持ってたんです。ダイエットはその時成功してずっと体重は維持できてたんですが、最近40歳を越えてから中年太りが進行してきたので、ダイエットをしないと!と思い、ならついでに昔したことあるEMS器具とかも併用したいなって思いシックスパッドを購入しました。

 

EMS器具のいいところは自分で何もしなくても、電気信号に筋肉が反応して勝手に動くところですよね。私は自宅ではテレビを観たりゲームをしてゴロゴロ過ごしてることが多いんですが、そういう時装着しておけば勝手に筋肉ががんばってくれるってわけです。

 

テレビCMでも良くやってますが、実際効果があるの?って思ってしまいますよね?私の体験談ですがシックスパッドを3ヶ月ほどやってみて、お腹周りは効果を感じることができました。

 

ここで気をつけて欲しいのは、私が男性だからかもしれませんが、EMS器具だけでは体重自体はほぼ変化がないってことです。それじゃダイエットじゃないんじゃ?って思われそうですが、脂肪が減っても筋肉が増加してる、しかも筋肉って脂肪より重たいので体重の増減にはそれほど影響しないわけです。

 

その代わり体脂肪率と使用した部分の見た目はかなり変化がでます。私はお腹メインでやったんですが、最初の2週間はわかりませんが一ヶ月もするとお腹がちょっと硬くなったなってわかりました。今現在4ヶ月目で3ヶ月シックスパッドを使用しましたが、体重の増減はありませんが、体脂肪率が2%減っていて、今のところ順調にダイエットというか肉体改造ができてます。

シックスパッドに関する口コミ5

ラクラク腹筋を鍛えるならシックスパッド
腰痛をもっていると、腹筋を鍛えたくても、そもそも仰向けに寝転がることすらつらいことも多くあります。でも、やっぱり腹筋を鍛えていないと、すぐにダルダルになってしまうのがお腹で、体型の印象も左右してしまうのでなるべくお腹は鍛えておきたいものです。

 

腹筋を鍛えておくと、食べ過ぎてもある程度は腹筋がガードしてくれる役割を果たしてくれるので、あまりお腹がぽこっと出ることもありません。

 

そんな腹筋をちゃんと鍛えたいなら、シックスパッドのようなemsマシンのチカラを借りるのもアリです。腹筋が200回するとなるとかなりの重労働ですが、シックスパッドのようなemsマシンのチカラを借りればラクラクできてしまいます。

シックスパッドに関する口コミ6

シックスパッドなら手軽に腹筋を鍛えられる
シックスパッドは、何しろ着けるだけという手軽さがいちばんの魅力です。腹筋をするには、まず寝転がっていちいち体を起こさなければならないですし、なにより疲れるので、そもそも腹筋があまりないひとにとっては、腹筋体操をするだけでも一苦労です。

 

ですが、シックスパッドのような器具を使えば、空いた時間に座っているだけでも腹筋を動かすことができます。思っていたよりも威力が強くて、これは効いているはずだと実感できるレベルです。

 

emsマシンもどんどん進化していて、今では機能としてついているプログラムの数も、強度も格段にアップしてきているようです。最近では、emsマシンをアスリートの人でも使っているといった話をきくことがあるので、こういった器具も使い甲斐があります。

シックスパッドに関する口コミ7

プロの技術を応用したシックスパッド
ダイエットのための器具は、これまでにもいろいろと販売されてきましたが、やっぱり使っているうちにいつのまにか物置小屋行きになることが多いものでした。ですが、シックスパッドは、まず場所をとらないのが一番の魅力だったりします。 

 

そんな手軽で大きさもないシックスパッドですが、製造している会社はもともとプロのアスリートの筋力トレーニングのための技術を家庭用にも応用してくれているということです。これなら、たしかに一般人のひとでも使いやすくて人気が出るはずです。

 

シックスパッドは初心者の人から、本格的に腹筋を鍛えたいというひとまで、様々な人が利用することができます。場合によっては、家族でも共有して使うのもいいかもしれません。 

シックスパッドに関する口コミ8

シックスパッドは場所をとらないダイエット器具
腹筋を鍛えるダイエットのための補助器具というと、どうしても大きさだけでもかなりあり、勢いよく購入したのはいいものの、ずっと使い続けることができたダイエット器具は少なかったように思います。

 

そんなダイエット器具の中でも、効果はかなり高くて、しかも場所を取らない点からも優秀なのがシックスパッドです。ワンダーコアのような大きなものではありませんから、いちいちダイエット器具のためのスペースを部屋のなかに設ける必要もありません。よく、ダイエット器具を置くために新聞何枚分しかかかりません、などというフレーズをよく聞くことがありますが、シックスパッドならそれどころかタンスやクローゼットの中などにもかんたんに収納することができるのが理想的です。

シックスパッドに関する口コミ9

面倒くさがり屋の私がシックスパッドのEMSで楽して痩せようとした結果
私は面倒臭がりな性格で、いままでダイエットなども三日で終わってしまっていました。「楽 ダイエット くびれ」とネットで検索して、出てきたのがEMSでした。電気筋肉刺激というとちょっと怖そうでしたが、EMSベルトを使っていた友人の勧めもあり、SIXPAD(シックスパッド)を購入しました。腹筋専用のものと腹・腕・脚用のものがあったので、私は後者を買いました。

 

シックスパッド毎日使っていると、一週間経ったあたりからなんとなく腹筋が硬くなり始め、一か月後には65センチだったウエストが59センチになりました。縦に筋が入って、筋肉質な腹になって満足しています。シックスパッドを何か月も続けていたら腹筋が割れるかなと期待していたのですが、さすがにそれはありませんでした。腕と脚は、気持ち細くなったかな?と言うような感じです。

 

値段は税込みで19224円でした。ボーナスをはたいて買ったのですが、約二万円ですらっとした体型になれたので、いい買い物をしたと思っています。私の給料は生活費の他にはほとんど服やコスメに消えるのですが、ダイエットは最大のお洒落だと思うし、痩せたことでシンプルな服でも前より格好よく着なすことができるようになったので、満足しています。

 

以前にワンダーコアスマートというダイエット器具を使っていたことがありました。座った状態で上半身を倒すだけで腹筋が鍛えられるというものです。テレビを見たりケータイを弄りながらできるので、面倒くさがり屋の私でも続けることができました。

 

こちらは腹筋と背筋を同時に鍛えることができたのに対し、シックスパッドは一度に腹筋しか鍛えることができませんでしたが、楽しているのだからこんなもんかな、と思いました。それに、自分はなにもしなくていいので続けやすいということもあり、ほとんど毎日使い続けることができました。なので、シックスパッドは他のダイエット器具に比べて、面倒くさがりな方にはとてもおすすめできると思いました。

シックスパッドに関する口コミ10

シックスパッドを購入し使っていますが、かなり良い感じです
私は中年の会社員ですが、お酒も良く飲みますので、見事にビール腹になってしまいした。嫁は結構美人な方なので見た目に気を使っていて、私のおなかのことも馬鹿にしたりしてくる感じでした。ただ冗談で言ってるのかなと思ってたのですが、一緒に歩くのちょっといやだから何とかダイエットしてほしいと言われました。

 

今からマラソンを始める時間もありませんし、食事制限もかえってリバウンドしてしまわないか心配でした。そんなとき、シックスパッドの存在を知りました。おなかに貼り付けて、振動を与えてダイエットにもつながる商品みたいでした。

 

価格も2万ちょっと位でしたが、ビール腹が治るのであれば、安いと思い購入しました。シックスパッドはほかの腹筋ベルトとは違い独自のプログラムで振動を与えてくれるみたいで、使ってみた感じはなぜか効果を期待できそうな感じでした。

 

会社に行く途中や、家で過ごしてる時はシックスパッドをつけていました。振動のレベルを調整できるみたいでしたので、私は真ん中あたりにして使用していました。ただ少し筋肉痛を起こしそうになりましたので、もう少し数値を下げて使用していきました。

 

1ヶ月くらいは、使っていたら、結構目に見えてわかるくらいお腹がしまってきました。嫁にも良い感じとほめられることもあり、買ってよかったと思いました。特に食事制限もせず、ただ1ヶ月ほど使用していただけです。

 

また使用も、商品自体軽量でコンパクトですので使用してるときも、リラックスして気軽に使えましたので、とても良かったです。今のところ、ダイエット成功を維持できていますが、また太りたくはないので、今も暇さえあればシックスパッドを使用しています。

 

またほかのダイエット器具に比べて効果が顕著に見られることとその効果までの早さにシックスパッドのすごさを感じます。またただダイエットだけではなく、その後腹筋を鍛えることが出来ますので、腹筋を鍛える上でとても良い買い物をしたと思っています。ビール腹の同僚にも勧めようかなと思っています。

EMS効果に関する口コミ11

スマートな機能付きのEMSベルト
EMSベルトが出てきたのはごく最近というわけではなく、昔から見かけることの多いダイエット器具でした。ですが、さすがテクノロジーの進化もあって、最近ではよりスマートなEMSベルトも増えてきています。それぞれのEMSベルトにトレーニングシステムが付いていて、たとえばレベルに合わせて自動的にトレーニングを組んでくれるようなEMSベルトもあるくらいです。

 

とくにEMSベルトは、自分の筋力とも相談しながら使用しないと、装着しているときにしんどい思いをしなければならないこともあります。ですから、こういったトレーニングシステムを使って、初心者でも無理なく鍛えていくことができるのが最近のEMSベルトといえます。初球からプロレベルまで、特に新シックスパッド20段階にもわかれていますので色々な層の人にお勧めです。

シックスパッドに関する口コミ12

シックスパッドが値段に見合った効果なのは確か
私は大学に合格した頃、ダイエットを始めました。大学デビューを成功させて、彼女を作り、楽しいキャンパスライスを送りたかったからです。しかし、思わぬ障害が私の前に現れました。それは親です。

 

私はダイエットのために頑張るのが恥ずかしかったから、夜になってから外で運動を始めました。それが親から見ると心配だったそうです。運動なら明るいうちにやればいいと主張して、夜の外出を禁じられてしまいました。私はそれが我慢できませんでした。そこで室内でも行えるダイエットを求め、様々な器具を購入したのです。

 

その1つがシックスパッドです。2万円以上の価格で販売されていたので、当時の私にとっては大きな出費でした。しかし、私は本気で痩せたいと願っていたので、無理を押してシックスパッドを購入したのです。私のコンプレックスであるお腹周りの贅肉が筋肉に変わるなら、安い買い物だと思いました。

 

優れた効果があるという評判が気になったのは確かですが、シックスパッドを選んだのには特別な理由があります。それは他のEMSベルトと比べて、安全性が高いと感じたからです。EMSベルトは周波数を利用して痩せる機器ですが、シックスパッドは出力が抑えられています。それは身体に与える作用が小さいという意味なので、副作用のリスクが低いと思ったのです。

 

ネット通販で購入したシックスパッドは、私の期待に応えてくれました。大学生活の始まりには間に合いませんでしたが、サークルの海合宿までに、私のお腹が引き締まったからです。私の腹筋を見た周囲が一斉に驚いた時には、強い快感を覚えました。そして、その時の出来事が契機となり、私は彼女をゲットしたのです。

 

一緒に購入したほかのダイエット器具と比べると、シックスパッドは10倍以上の値段でした。他のダイエット器具というのは、水を入れて使うバーベルやエクササイズクッションです。

 

シックスパッドは価格面こそ劣りますが、効果は100倍以上あったと思います。それは途中からシックスパッド以外を使わなくなったこともあります。ですが、シックスパッドを使い続けられたのは、楽に痩せられるというメリットがあるからです。

 

その利点は普通のダイエット器具には存在しません。年齢を重ねて、身体を動かすことさえ億劫になれば、このメリットはもっと魅力的になると思います。だから、これからもシックスパッドを利用するつもりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加