産後ダイエットの口コミ・評判・体験談集

一人目の時と二人目の時産後ダイエットの大きな違いとは…

産後ダイエットに関する口コミ・評判・体験談1

一人目を産んだ時には、母乳をあげてその後沢山の散歩や運動などして体型戻し出来ました。多少苦労はしたものの一人目の時には、退院した時点でかなり体重が落ちていました。今思えば、一人目の時の病院が厳しくて産後母乳育児を推進していて初めの2日は全く出ず徹夜が続いてやつれたのもあったかもしれません。2人目を産んだ時には、上の子がまだ小さかったので妊娠中も公園などで遊んで運動していたので体重増加は少なかったのですが、産後の体重が全然減りませんでした。 病院がとても居心地が良く赤ちゃんを夜中預かってくれてこちらは睡眠を取れたり至れりつくせりの環境だったのでリラックス出来ていたのだと思います。一人目の時に断乳後の体重を落とすのに苦労したのですが、2人目の時には自分の年齢も上がっていて基礎代謝も落ちているので本当に全然痩せなくて逆に太って来てストレスが凄かったです。 しかも、体重もそうなのですが体型が凄く変化してしまい骨盤が大きく広がりまさに小尻だったのが大尻になり妊娠前のジーパンやパンツが全然太ももの辺りから入らない状態になり着る服がなくなりました。 2人目は、一人目と違って体重が落ちないよと先輩ママに脅されていたのですが心のどこかでまあ大丈夫だろうと考えていましたが先輩ママの言っている事は真実でした。焦って悩み、先輩ママに公園で相談したところそのママが通っている子連れで行ける骨盤を矯正してくれるサロンに一緒に連れて行ってくれるというのでお供する事にしました。 広い室内で子供を遊ばせるスペースもあり乳児も寝かすことが出来るベッドもあり安心して施術を受ける事が出来ました。整体やリラクゼーションサロンには良く言っていたのですが、骨盤矯正は初めてでちょっと怖かったのですが、特にバキバキされる事もなく色々な体勢にされて身体を伸ばしていくような感じでとても気持ちが良くて寝てしまいそうになりました。 平日の午前中は子連れの時間帯予約だったようで、他のお客さんに気兼ねすることなくリラックスして施術できました。それから、しばらく通っていましたが段々と下半身がスッキリしてジーパンが入るようになりました。新しく買ってしまっていた方が逆に緩くなっていて嬉しい様な悲しい様な微妙な気持ちでした。 人に寄るかもしれませんが、一人目と二人目、そして三人目と産むたびに女性の体質も変わります。痩せやすくなれば良いのですが、逆の場合が多いので余裕があれば落ち着いたら徐々にダイエットを開始するのが良いと思います。

産後に痩せるキホンは、食生活の改善!

産後ダイエットに関する口コミ・評判・体験談2

長い長い妊娠生活の間は、いくら食生活や運動に気をつけていても、ホルモンバランスなどの影響で体はむくみがちになり、脂肪を蓄えしまいます。そのため数キロにもなる子供を出産したからといって、産後の体重はすぐに落ちるわけではありません。 産前の体型に戻すのは約6ヶ月かけて徐々に痩せていくことが理想ですが、産後急激に落ちた体力を戻したり赤ちゃんのために母乳を作ったりするのに、しっかりと食事をとるのは必要不可欠ですし、産後すぐに運動を始めることも体を壊してしまうので禁止レベルでおすすめできません。産後は運動や食事制限によるダイエットが出来ないため、すぐに痩せられないのはしょうがないことですが、その後ずっと体重が減らずに産後は産前よりも太ってしまった、という失敗をする人も少なくありません。そうならないためにも、産後は食生活をバランスの取れたものにすることで体重を戻しやすい体づくりをすることを意識していきましょう。 特に意識したいのは糖分や脂質のとりすぎです。妊娠中にお菓子や揚げ物など太りやすいものを我慢してきた反動で、これらの食べ物をつ食べすぎちゃったりしていませんか?お祝いムードでつい食べてしまうこともあるかもしれませんが、それが連日続くのはNGです。体力を戻したり、母乳を作ったりするために、高タンパクな魚や脂身の少ない肉、豆類や豆製品を積極的に取りつつも、調理は油やお砂糖の使いすぎに気をつけるようにしましょう。 また体の免疫力や身体機能の維持に必要なビタミン・ミネラルは野菜や海藻類などに多く含まれます。これらの食材に豊富に含まれる食物繊維は、腸内環境を整える役割も持ち合わせますし、カロリーが低くたくさん食べても太りにくいので、積極的に食べるようにしましょう。 産後に食事制限や激しい運動をすると、歳を重ねたときに辛い更年期障害が訪れ、様々な重たい不調を引き起こすと言われています。すぐに産後の体型に戻らないのが通常の体の反応ですので、焦らず穏やかな気持ちで少しずつ産後のダイエットに取り組んでいってくださいね。

産後のダイエットは無理なく健康的に

産後ダイエットに関する口コミ・評判・体験談3

産後すぐに元の体重、元の体型に戻すのはなかなか難しいものですが、育児が始まると時間も体力も全て注ぎ込まなければいけなくなるので、ダイエットしたくても時間を割けないですよね。赤ちゃんのお世話で疲れ切って、食事は片手間、夜は寝るだけ、なんてこともよくあります。 私も出産後は、家事育児をこなすのに精一杯で体型を気にする余裕もありませんでした。出産前には15㎏も体重が増えたのに、産後すぐに体重を測ったらほぼ赤ちゃんの分しか減っておらず落胆したものです。それでも、母乳育児だったのと食事が片手間だったのが幸いしたのか、授乳中は順調に体重が落ちてくれて産前の体重まであと3キロというところまでは落ちたのですが、残った3㎏にとても苦戦しました。ちょうど卒乳期に差し掛かったこともあって、子どもが飲む量はだんだん減ってくるのに食欲と運動量は横ばいなので、残った3㎏に少しずつ新しい重さが加わっていき、最終的には5㎏まで増えました。 これ以上太ってしまうと服は入らなくなるし、何より見た目がまずいことになると思い、決心してダイエットを始めました。あまり過酷にすると毎日の生活に支障を来すので、食事は夕ご飯のみ工夫して、あとは子どもと体を動かす遊びを意識してやりました。夕食はまず最初に、トマトの水煮缶と人参と玉ねぎ、ベーコンが基本の具でそこに季節の野菜のざく切りを加えたトマトシチューを必ず食べ、お腹が一杯になったところで他のおかずを少しつまむ程度にしました。 シチューの栄養バランスが取れているので毎日同じでも栄養面を気にしなくていいし、作り置きもできて、何より満腹感を得やすいのが助かりました。明け方にはお腹が空いて目が覚めたりもしましたが、朝早い時間なので二度寝することで乗り切りました。あとは、外が雨でも頑張って子どもと外に散歩に出かけたり、追いかけっこしたりして体を動かしていました。 シチューを二ヶ月くらい続けたあたりで3㎏体重が落ち、残りの2㎏はゆっくりと半年くらいかけて落としました。産後のダイエットで無理をすると風邪をひきやすくなったりして体にとても響きますし、体を壊しては子どものお世話もできなくなったりします。すぐには引き締まった体にはなりませんが、ゆっくりと時間をかけてできる範囲でやるのが良いと思います。

産んでからが本気!加齢に負けない産後ダイエット!

産後ダイエットに関する口コミ・評判・体験談4

産後ダイエットは、ほとんどのママが課題にしています。若い時はスルスル痩せることができても、歳を重ねるほど落ちにくくなるといいます。しかしながら、産後ダイエットはストレスと体力との戦いだと思います。 産後一ヶ月のうちは骨盤を戻す骨盤ベルトを着けるのを、習慣にしましょう。授乳のときに床に座っていると着けているのが邪魔になったり、トイレが面倒だったり、うっとうしくなる時もありますが、これをつけて骨盤を正しい位置に戻すことが、いい産後ダイエットのコツです。 私は1人目の時はとにかく着けなきゃ、と骨盤ベルトをしていたので戻りが早かったのですが、2人目からはちょっと面倒になってしまい、おざなりにしていました。すると、腰痛が発生するようになり、産後ちゃんと骨盤ベルトを巻いていればよかった、と後悔しています。 一ヶ月を過ぎると、母乳育児では食べても体重が増えないことに気づきますが、ここからが勝負です。運動をして、食事を減らせば確実に痩せられる、という雰囲気はあります。しかし、母乳の質のためには白米を食べることが大事であったり、新生児の赤ちゃんとの生活では外出もままならず、ストレスがたまりやすい時期でもあります。ハードなエクササイズをすると、睡眠不足もあり疲れきってしまいます。またストレスがたまるとつい甘いものが欲しくなってしまいます。私は昔買ったダンスをするゲームをしたり、ダンスDVDをやったり、家で楽しくやれるエクササイズがよかったです。体力が戻ってきて、ダイエットのモチベーションが上がりました。 そして最大の難関が断乳後です。よくあるのが、授乳していた頃と同じだけ食べ、体重がどんどん増加、子どもが動き回るのに付き合ってお腹がすく、子どものおやつに付き合っているとつい食べてしまう、など食に関する落とし穴です。グルテンフリーダイエットなどできればいいのですが、日々のストレス解消がつい美味しいパンを食べることだったり、高級チョコレートをつまんだり、ストレスの矛先も食に向きがちです。私は今はとにかく子どもと歩くことを日課にしています。子どもと楽しくできる運動をし、運動不足はダイエットの敵としてとにかくよく動き回り、体重をセーブしています。

身なりなんてどうでも良くなる産後こそ気を付けて

産後ダイエットに関する口コミ・評判・体験談5

元々の体質ってあると思うのですが、元々ぽっちゃりしていた人は自分がどの位食べたらどの位太るから気を付けようとかダイエットに関する経験値が高い方が多いと思うのですが、元々一度も太った事が無い人が大人になってから太った場合初めは自分が太っている事に気が付かないでかなり増加するまで気のせいだと思って増量してしまう事があります。 産後は、人にもよると思いますが、心身ともに疲れ果てておしゃれ、痩せたいなんて気持ちはこれっぽっちも持てず、睡眠もろくに取れずとにかく赤ちゃんを生かす事育てる事で精いっぱいという気持ちになる方が大半だと思います。 妊娠中は体重増加する事が多くよほど妊娠中ずっとつわりとか特殊な状態でない限り10キロから15キロ位太ってしまう事もあります。私も例にもれず、元々やせ形だった事もあり妊娠中に太るのは当たり前だし産んだら自然に痩せると思って何も気にせずに生活していたのですが、母乳で育児していた事もありどんどん飲まれると異常な食欲が沸いてくるのでした。 恐ろしい事に夜中の授乳の後に作っておいてもらったお好み焼きを食べたりしていました。でも、母乳をあげているとそこまで太らないというか何故か痩せていったのです。本当の恐怖は、断乳してからでした。胃袋が膨らみ母乳が出ていないのに食べる量は同じなのでとんでもなく太るのです。 かなり太ったところでふと鏡をみて誰だろうこのおばさんはと思ったら自分だった恐怖は今も忘れません。それまで鏡を見る余裕すらなかった様です。そこからは、外に出れるようになった赤ちゃんと散歩を日課にしてわざわざ遠回りして買い物したり、エレベーターがないので階段を何度も往復したり、家に居る時も赤ちゃんをおぶって家事をしたりしました。これが結構効果的で、1年位たった時に近所のママたちにどうやって痩せたの?物凄く痩せたねと言われて物凄く嬉しかったです。 食欲は本当に凄く抑えにくかったのですが、ご飯はきちんと食べてお腹が空いて間食したくなった時には、水か作り置きしておいたハーブティーを飲みました。そして、意外に効果があったのは産後ずっと面倒で楽ちんなマタニティ時代に着用していた3着を着回ししていたのですが、朝はきちんと着替えて身体のラインが出る服をあえて着るようにして体型を隠せない様にしていました。 育児は本当に大変でオシャレどころではないと思うのですが、もし少しでも心に余裕が出来たら早く始めた方がダイエットの効果が出やすいと思うので少しずつでも気を付けてみてください。

ムリをしてはいけない産後ダイエット

産後ダイエットに関する口コミ・評判・体験談6

産後に痩せたいと思うのは当たり前の事なのです。早く元の体型、元の体重に戻りたいと思ってしまうのです。よく産後太りとも言われますが、その前に痩せたいと思うのは自然の事なのです。 産後ダイエットにいいのは運動です。産後に食事制限をしてはいけません。ちゃんと栄養のあるものを食べて、母乳を出さないといけないのです。だから食事制限はしないほうがいいのです。 そして私が一番合っていたのは、運動だったのです。それもタダの運動ではありません。縄跳びです。ひたすら縄跳びをする事だったのです。良い気分転換にもなるのです。とても楽しくて、どれだけでもしていられます。 しかも自宅でできるのです。庭でできるから、赤ちゃんがいても全然大丈夫なのです。産後はなかなか外に出る事はできないでしょう。自宅でできるダイエットと言ったら、私が思いついたのはこの縄跳びだったのです。 何年ぶりでしょうか。それでも結構楽しくできました。思うようにできたのです。体の余分なものが、全部下がっていきそうです。体重が減ってくれそうな気もしました。結構ハードですが慣れてくると、そうでもありません。 私は毎日赤ちゃんが寝ている時に、赤ちゃんの見えるところで縄跳びをしていたのです。庭だったら、赤ちゃんのすぐそばでできるからです。そして実家の母が手伝いに来てくれている時も、私は縄跳びをしていました。 でもムリはいけません。ムリのない範囲でできるからいいのです。産後なので激しい運動はしないほうがいいと言われています。だから一日に一時間ほどしかしていませんでした。それだけでも十分効果が出ていたのです。 難しい事ではなくて結構簡単です。慣れてきたらどれだけでもしていられます。でも産後間もない体で、ムリはできないのです。ちゃんと時間を決めて、これ以上はしないと心に誓うのです。縄跳びは上手とか下手とかありません。ただ飛べばいいのです。 ストレス解消にもなるし、良い気分転換になるダイエットなのです。

骨盤スクワットでお腹や腰まわりがスッキリ!無理しない産後ダイエット

産後ダイエットに関する口コミ・評判・体験談7

妊娠中についてしまった脂肪をなんとかしたくて、産後ダイエットをすることにしました。妊娠中は食欲旺盛になりかなり食べてしまいました。お医者さんから注意されて恥ずかしかったです。子供を産んだら痩せると思ったのですが、それほど痩せなかったのでダイエットをしないとだめだなと思ったんです。 産後いきなり激しい運動をするのは良くないと聞き、産褥体操をすることにしました。肩回りをストレッチしてみたり足首をゆっくりと回してみたりなど、軽いストレッチから始めることをすすめます。とても気持ちが良いですしダイエットといっても辛くないので、毎日続けることができますね。 少しずつ身体が動くようになったら、今度は私はウォーキングをすることにしたんです。ベビーカーを押しながら30分から1時間ぐらい、ウォーキングをすることで育児ストレスが解消しますし、気分が晴れます。初めての育児で家で赤ちゃんと一緒に引きこもっていたら気分が暗くなりますし、外に出て身体を動かすことが精神的にも身体的にも良いです。有酸素運動なので身体に負担がかからず、楽しくすることができます。 また、産後は骨盤の歪みが気になりますよね。骨盤スクワットをするようにしました。骨盤スクワットをすることで、ぽよぽよしていたお腹がスッキリと引き締まってきました。かなり効果がありました。骨盤スクワットは一回3分ぐらいでOKなので楽すぎます。このような方法で産後ダイエットをすすめてみると、三ヶ月で7㎏痩せることに成功しました。毎日無理せず続けることが大切ですね。腰まわりがすっきりしたので、妊娠前の服を着ることができるようになりました。 産後ダイエットは骨盤周りを中心に行うことが重要ですね。あとは無理しないことが本当に大切です。妊娠前にやっていたダイエット方法はやめて、産後の身体でもできるダイエット方法ですると良いと思います。私は産後一番気になったのはぽっこり出てしまったお腹なので、骨盤スクワットをしてすごく良かったなぁと思います。

産後の授乳で楽々体重減、更に抱っこでエクササイズ

産後ダイエットに関する口コミ・評判・体験談8

産後はどうしても太ってしまいがちです。私も実際に産後は通常よりも、5キロもオーバーしてしまいました。でも、逆に産後は太りやすい一方で、最もダイエットしやすい環境だと言えます。 そんな環境を利用した私の産後ダイエット方法を紹介しましょう。まず、授乳です。これは、母乳育児が出来る人に限りますが、これはかなりのダイエット効果大です。母乳は、朝昼晩どころではなく、最初のうちは2時間おきの間隔で授乳しなくてはいけません。 その授乳の為の母乳は、自分の体から作られています。と言う事は、何もしなくても授乳さえしていれば、どんどん体重は減っていくのです。ただ、それと同時に必然的にお腹の減り具合も半端じゃありません。 驚くほど、食欲旺盛になってしまいます。ここで、大切なのは授乳と食べる量とのバランスです。食べる量が少ないと体力がなくなり、体調が悪くなってしまう上に母乳も出にくくなります。しかし、食べ過ぎてしまっては、太っていく一方です。 適度に調整しながら食べるのが大切です。私の場合、この母乳育児ですぐに3キロ減に成功しました。そして、もう1つのダイエットはエクササイズです。産後は赤ちゃんを抱いている機会がとても多くなります。 赤ちゃんを抱いているだけでも、十分な負荷がかかりますが、そこにもう一工夫です。抱っこしながらの屈伸や腰ひねりです。不思議とこの動きで、赤ちゃんは落ち着いてくれる事が多かったように思います。 そして、足やウエストの引き締めにも効果があります。この2つは、産後、しなくてはいけない場合が多いはずです。それらをこなしながら、ダイエットも出来るという一石二鳥の効果があります。 特に授乳は、ダイエット効果抜群なので、痩せすぎに注意しなくてはいけないほどです。だから、体重が気になっていて、母乳育児が出来そうな人にはすごくおすすめです。 ちなみにこの産後ダイエット法でマイナス5キロに成功して、1年後にはしっかりと以前の体型に戻す事が出来ました。

産後ダイエットならホットヨガがオススメ!骨盤調整でメリハリボディ

産後ダイエットに関する口コミ・評判・体験談9

私は産後ダイエットの為にホットヨガ教室に通いました。出産後は母乳育児をしていると自然と痩せてくると周りから聞いていたので、ダイエットをせずに普通に生活をしていたんです。いつか痩せるだろうと。 しかし全然痩せませんし、育児ストレスで間食ばかりしてしまい逆に太ってしまいました。妊娠する前に比べるとなんと8㎏も太ってしまったんです。夫からは「もう少し痩せている方が可愛いよ」とそれとなくダイエットするように言われ、確かに顔がまるくなりましたし、お腹がポヨンと出ており下半身も太いので、妊娠前とは別人です。頑張って産後ダイエットをすることにしたんです。 ご近所に住むママ友から「産後ダイエットならホットヨガ教室に行こう」と誘われました。ホットヨガにはまったく興味がありませんでしたが、体を温めることで基礎代謝が向上し痩せやすい体質になったり、有酸素運動なので産後の身体に負担が大きくかからない為人気があることを知りました。また、大量に汗をかくことでデトックス効果がありますし、育児ストレスなど発散することができるからおすすめだよと言われて、すごく気になりました。 ホットヨガ教室に通い始めると様々なプログラムがあることを知りました。私は骨盤調整というコースが気になったのでやってみることにしたんです。最初は簡単なポーズでも身体が思うように動いてくれず大変でしたが、だんだん厳しいポーズをすることができるようになり身体が柔らかくなってきました。インナーマッスルを鍛えることができ、ポッコリお腹が引き締まり姿勢が良くなりました。さらにクビレができ、お尻が小さくなってきて骨盤の歪みが改善されてきていると感じて嬉しくなりました。 半年間通ったのですが、体重は10㎏痩せました。楽しく通うことができました。だんだん代謝が良くなってきて汗をかきやすくなってきました。そしてどんどん体重が落ちてきたんです。体重が落ちるだけではなくて、女性らしいメリハリボディになることができました。今は子供がいるように見えないと言われます!産後ダイエット大成功です。

スリムできれいなママを目指して!産後ダイエットにチャレンジ

産後ダイエットに関する口コミ・評判・体験談10

妊娠前はそれ程太っているというほうでもなかったのですが、産後は体重は減ったものの筋力が低下したことと伸びたお腹がみっともなくて気になっていました。出産したあともキレイでスリムなママになることに憧れていたので、産後ダイエットを意識し始めました。色々試しましたが、長く続けられてじわりじわりと効果を感じられるのが「育児しながら運動」です。 ながら運動というと何かをしながらする運動ですが、私は育児を楽しみながら運動もすることを目指しています。天気の良い日にはできるだけ外出して車を使わずに歩いて買い物や散歩に行きます。子どもの運動にもなりますし、私自身の気分転換にもなります。独身の頃は時間がないことを言い訳に慢性的な運動不足でしたが、歩くようになって健康的になりました。 また寒かったり暑かったりするとつい家にひきこもりがちになりますが、そういう時は子どもと一緒にお掃除をします。最初は見ているだけだった子どもも大きくなるにつれてほうきや掃除機に興味を持ったり一緒に雑巾がけをするようになりました。家事が手抜きになるのはいやですし、小さい子がいるからという言い訳だけはしたくありません。掃除は体を動かす良い運動になりますので、一緒に楽しんでいます。 料理をしている時にもただ立っているだけだと勿体無いので、ウエストを回したり、キッチンに置いてある500gの小さめ鉄アレイで筋トレをしています。子どもがグズっている時には抱っこしたまま、ウエスト回しの体操をすると子どもは遊んでいると思って喜んでくれます。ちょうど良い負荷がかかるので運動効率も上がります。 産後から1年ほどかかりましたが、たるんでいたお腹周りも少しずつ引き締まってきて、友達にも「出産したなんて思えないくらい細い!」と言われるようになりました。私自身も、妊娠前より筋肉がついたせいで見た目に引き締まって見えるので満足しています。 ハードな運動は継続するのが難しいですし、小さな子どもがいると限界がありますが育児や家事をするだけでも十分運動になります。ごろごろとだらけた生活をしないようにして適度に体を動かして、産後ダイエットを成功させることができました。