痩せるためには痩せざるを得ない状況を作って自分を追い込むべし

ダイエットのモチベーションに関する口コミ・評判・体験談7

ダイエットをしてもモチベーションが続かないという方は多いものですが、やはり危機感が無いために心から本気になれないことが大きいと思います。それならば「絶対に痩せないと困る状況になる」ように自分で自分を追い込むのが一番です。

 

私の場合は友人と一緒にダイエットをして、競争をしたことがとても大きかったです。競争と言ってもただの競争ではなく、半年後までに目標体重に届かなかった場合は旅行代を二人分出すという約束をしました。

 

勿論旅行予定日までにどちらも目標に届かなかった場合や、どちらも成功した場合はお互いに自分の分は自分で出すという条件です。

 

出す旅行代は交通費とホテル代で、その他のお土産代などは自分持ちですが、それでも数万円の損失は大きいものです。

 

二人とも成功すればどちらも損をしないので、お互いに励ましあい、時には「おごってもらうのは私だ」なんて冗談を言い合いながら頑張りました。

 

しかし、一人ではなかなかできなかったダイエットでも目標が決まると自分でも驚くほど頑張れるものです。

 

半年後までのダイエット目標は10Kgで、私が当時65Kgで友人は62Kgだったのでお互いに、55Kg、52Kgを切れば成功です。

 

最初にやったのはダイエットノートの作成で、週単位で目標体重を予め書き込んでおきました。こうすることで少しずつ、1週間なら500gも痩せればいいので何てことはないと気軽に進めていけました。

 

辛いのがダイエットをするとやってくる停滞期で、なかなか体重が落ちずに目標を達成できない週は落ち込んだりもしました。

 

しかしこの週単位で目標体重を設定する方法は自分にはとても合っていて、いつもなら数百グラムくらい違っても誤差の範囲としか思えなかったのが目に見えて変化することがとても嬉しかったです。

 

友人も同じようにノートで体重管理をしていて、時々途中経過なんかも報告しあってました。半年経って、私は体重が11Kg、友人は何と13Kgも減らすことに成功し「あこがれの40Kg台に突入した」と大喜びでした。

 

旅行中も体が軽くなったおかげもあって、本当に楽しく過ごせました。これからダイエットをする方も、目標を決めて絶対に痩せないと自分が困るという状況を作るとモチベーションがアップすると思います。

 

またノートに毎日体重を書き込んで、週ごとの数字を比べると少しずつでも減っていることがわかります。

 

ただ体重計に乗るだけでは変化に気づきにくくモチベーションは続きませんが、長い目で見ると少しずつでも続けることが大切だと気づくはずですよ。

コチラも併せてお読みください。人気No1記事。
買って本当に満足できるのems腹筋マシンはどれなのか?検証!
emsマシン集合写真