彼女の叱咤激励をモチベーションにダイエット成功しました

ダイエットのモチベーションに関する口コミ・評判・体験談3

ダイエットでは、モチベーションを保ち続けられるかどうかが成功のキーポイントです。いくら途中まで順調にダイエットを続けることができていても、モチベーションがなくなればあっという間にリバウンドしてしまいます。つまり、ダイエットをして目標体重になりたいのなら、達成するためのモチベーションを保ち続けなければいけないです。

 

私がダイエットのモチベーション維持で今まで最も効果的だったのは、付き合っていた彼女の叱咤激励です。22歳ぐらいのとき、バイト生活をしていました。ただ、毎日バイトがあるわけではなく、その影響で食生活はとても乱れていました。

 

ポテトチップスを1袋食べてしまったり、夜食でカップ焼きそばを食べたり、大盛りのレトルトカレーを食べたりなどです。そんな生活を続けていたらすぐ太ってしまったので、彼女に指摘されてダイエットを始めました。ただ、もともとそれほど本気ではないダイエットだったのでモチベーションが長続きせず、ダイエットを始めて1か月くらいしてからサボるようになってしまいました。

 

それを知った彼女は、私に激怒しました。彼女は「デブな彼氏とは付き合えない」とハッキリ言い、ダイエットしなければ別れることをほのめかしてきたのです。事の重大さにようやく気付いた私は、それから彼女の叱咤激励をモチベーションにしてダイエットを懸命に続けました。それでも、正直途中でサボりそうになったのですが、そのたびに彼女から「ダイエットをしろ」とお尻を叩かれていました。それでモチベーションを保ち続けた私は、何とか太る前の体重にまで戻すことができました。

 

もしもそのとき彼女が叱咤激励してくれなかったら、何キロまで太っていたかわかりません。たとえダイエットに取り組んだとしても、途中でやめていたのは明白です。誰かそばで見てくれる人がいなければ「何が何でもダイエットを成功させてやろう」という強いモチベーションはなかなかわいてきません。彼女がいたことでモチベーションが保てましたので、ダイエットでパートナーの存在は非常に重要だと気付きました。

コチラも併せてお読みください。人気No1記事。
買って本当に満足できるのems腹筋マシンはどれなのか?検証!
emsマシン集合写真