色々なトレーニングをバランス良く行うことで基礎代謝を活用する

シックスパックの腹筋へ…アドバイス4

日本の俳優や海外のスターのモデル写真を見ると綺麗に割れた腹筋の方が多くとてもセクシーに感じますよね。

 

日本人の俳優では伊藤英明さんの腹筋の綺麗さに思わず見とれてしまった女性も多いのでは無いかと思います。

 

私自身も週に3回ジムに通い理想の腹筋を手に入れようと日々奮闘中なのですが、腹筋を鍛えはじめた当初は間違った筋トレをしていて中々腹筋を割ることができず、悪戦苦闘していました。

 

私は腹筋を割ろうと思い立った当初、腹に筋肉を付ける事しか考えておらず、ジムでは腹筋を鍛えるマシーンしか使用せずに後は胸筋や肩に筋肉を付けようとがんばっていたのですが、来る日も来る日も腹筋を鍛え続け、得られた効果は腹の筋肉が少し増えたかなという程度でした。

 

私はこれまでの努力を無駄にしたくないため、ネットで腹筋を割る方法を検索したのですが、腹筋を割るには腹周りの筋肉を増やすだけでは駄目で筋肉を鍛えると同時に体脂肪を落とす必要があると知り、次回からトレーニングメニューにランニングも含めるようにしました。

 

これまで私は有酸素運動を全く行わず、筋トレばかりしていたのですが、今思うとこれでは腹筋が割れるはながなく、ただ闇雲に筋トレをしていたという事になります。

 

よくジムで他の人達のトレーニングを少し観察することもあるのですが過去の私と同じように腹筋を割る為にひたすら腹周りの筋肉を鍛えている方がちらほらいます。

 

間違った筋トレ方法を行って無駄な時間を過ごす前に今一度今一度自分がどのような体系を手に入れたいのかをよく考える必要があったといまさら後悔しています。

 

私がこれまでに行ってきた改善後の腹筋を割る筋トレ方法は、筋トレ(見た目の筋肉をつける、基礎代謝の向上)を行った後に有酸素運動を行うという方法や、足の筋肉を増やし新陳代謝を上げ脂肪を増やす方法、他にもマシーンを使わずに行う体幹運動を行う方法といったものがありますが、どれもお腹をへこませたり、腹筋を割るのにとても効果的な方法です。

 

特に足の筋肉を増やす方法は痩せたいという目標を掲げて筋トレを行っている方にもお勧めできます。

 

足の筋肉の中でも特に太ももの筋肉は部位も大きく、筋肉量が多いため、筋肉が沢山付いていると代謝量が増加し、体脂肪が落ちやすい体になるのです。

 

先程も述べたように足の筋肉はスクワットで付けるのが一番効率がいいのですが、スクワットのフォームがきちんとしていない方をよく見かけます。

 

腰を落とした時に膝が足の指先からはみ出てはいけないのですが、多くの方は膝が足の指先から出てしまっており、これではスクワットの効果を十分に得ることができません。

 

きちんとしたフォームを研究しスクワットを行って見ましょう。得られる効果に十分満足できると思います。

 

腹筋を割りたい、お腹をへこませたいという目標を掲げている方の多くはいかにして体脂肪率を下げるかという点がとても重要だと思います。

 

体脂肪を落とす基礎となる有酸素運動も大切ですが、体脂肪が落ちやすい体作りをするのも大切です。

 

もちろん食事制限を行う事も大切ですが、食べたいものを我慢するというダイエット方法は私は反対です。

 

私が考える食事制限とは自分が食べたものがいったいどのくらいのカロリーなのかを把握し、一日のカロリー摂取量を明確に記録していくことで、食事をコントロールすることが大切だと思います。

 

運動してカロリーを消費する事ができれば摂取したカロリーはチャラになるという簡単な考えでいいので、運動を行うというモチベーションを大切に食事制限は行いましょう。

 

理想の体型を目指す上で大切な事は途中で挫折しないこと、妥協しないことです、諦めずにがんばりましょう。

 

 

腹筋を割るためにEMSベルトを用いる場合、シックスパッド、スレンダートーンなど低周波のEMSは実際に自分で行う腹筋運動ができる。パーフェクト4500hotでできる干渉派EMSは脂肪燃焼への貢献度が高い深層へのアプローチができます。
⇒シックスパッド、スレンダートーン、パーフェクト4500hotの周波数について