腹筋ベルト効果って何?痩せたい人こそ使うべきその理由

腹筋ベルトは筋肉をつけるためのモノでしょ?という考えからその先。

腹筋ベルトは、筋トレをするのに本来は脳から命令を出し筋肉を収縮させなければならないところをemsなら脳から命令を出すことなく電気刺激で筋肉を収縮させることができる。

 

筋トレとは重いものを持ち上げる時に、筋肉を収縮させる行為。そうすることで、筋肉は疲れ、筋繊維は傷つく。しっかりと栄養補給し、休息をとることで、筋肉は回復し、太く、たくましいものとなる。

 

腹筋ベルトのemsはその一旦を担っている筋収縮を外から強制的に行わせることができるアイテム。

 

テレビCMなど見ると、痩せるためにみんな買おうね的に売り出してるけど、ホントはそうじゃないよね…筋肉つけるためのアイテムだから、マッチョになりたい人向けのものなんだよね…。腹筋ベルトじゃ痩せないんだよね…

 

とどや顔で思っちゃってる人多くいらっしゃると思います。

 

ですが、そうじゃないんですよね。腹筋ベルトは、痩せたい人こそ購入すべきアイテムなのです。その理由は…

 

基礎代謝の維持・向上

骨格筋が全身で利用する糖の7割を取り込みます。ですから、筋肉量を維持・増加させることで基礎代謝を向上させることができます。そうすれば、燃費の悪い、カロリーをたくさん消費する身体になっていきます。

 

腹筋ベルトで腹筋を鍛えるということは、痩せやすい身体を作っているということなのです。

 

エネルギーの消費

炭水化物を含む夕食を食べたとします。その後、ソファーでしばらくくつろぎ、寝たとします。すると、エネルギーとして消費されることなく、糖質が脂肪として身体に貯めてしまわれる率が増えてしまいます。

 

食後、ソファーでくつろいでいる時に、腹筋ベルトを巻いたらどうなるのか?筋肉が活動します。筋肉がエネルギーを欲します。夕食で食べた炭水化物を消費します。脂肪として貯められる量・率を減らすことができます。

 

勿論、筋肉量の増加にもなります。安静時の基礎代謝量の向上にもなります。

 

この2点が、腹筋ベルトの効果であり、痩せたい人にこそお勧めな理由です。

 

基礎代謝の向上、エネルギーの消費ということに着目するならば、腹筋ベルトだけじゃなく他の部位も…ということにになります。

 

筋肉の≒6割が下半身にあります。そして、人体で最も大きな筋肉は大腿四頭筋。この筋肉も食後に活動させちゃえば、めっちゃエネルギー食ってくれるじゃんということになります。

 

ですから、シックスパッドはイケてるんですよね。腹筋ベルトだけじゃなく、レッグベルトがありますから。

 

シックスパッドは、京都大学名誉教授森谷敏夫氏が開発に関わっていますから、そのあたりのことも考慮してのレッグベルトなんだと思います。

 

夕食後にシックスパッドを全身に装着して、くつろぎながらスマホいじってる時間がどれだけ脂肪燃焼に効果的なんだよ…

 

すげ~~じゃん。この習慣があるのとないのでは月とすっぽんじゃん!

 

という話になります。

 


腹筋ベルトの効果についてまとめ

腹筋ベルト(シックスパッドやスレンダートーンなどemsベルト)を使用することは、痩せることにおおいに貢献してくれるとなります。

 

しかし、エネルギーの消費の観点から見ると、何もお腹をへこめたいからと腹筋だけemsするというのは、筋肉の恩恵を考えた場合に、ちょっとわかっていないよね…となります。

 

どうせemsをするのならば、活動するのに多くエネルギーの消費する、脚もすべきである。

 

シックスパッドには、脚用のemsがある。

 

脚用のemsを用意していること自体が、emsの科学的効果を理解して商品を世に送り出しているということになります。

引用・参照文献

京大の筋肉[森谷敏夫

整体師コウタ詳細

 

 

腹筋ベルトの口コミとアイテムの詳細(現在15件)
腹筋ベルトの口コミを掲載。アイテムについての詳細の解説もあります。