便利になりすぎたことが痩せる習慣を減らす結果を招いた

十数年前と比べるとすべてが本当に凄まじいスピードで発達していますよね。自動車、洗濯機、携帯電話、パソコン、テレビ、エレベーター、エスカレーター・・・挙げだすときりがありません。

 

私が物心ついたときから、上述のアイテムは携帯電話以外存在していました。故に、あるのが当たり前、自動車もエレベーターも何も考えずにのっていました。携帯電話でさえ、既にそれが無い生活は考えられなくなってしまっています。

 

しかし、先日、エレベーターに乗ろうとしたとき、ふと思いました。『もし私が生まれるのが数十年早かったら、エレベーターに乗るという行為は当たり前ではなかったのだな。』と

 

今は、エレベーターが当たり前だからそれを使用しないことに抵抗があるが、そもそもエレベーターはほんの数十年前には存在していなかったのです。

 

それでも上に昇りたければ・・・昇る必要があるのならば・・・階段を使って、自分の脚で昇るしかありません。数十年前には階段で昇るのが当たり前だったのです。『元々エレベーターが無いと思うとなんだか苦痛なく、階段を駆け上がることが出来ました。』

 

階段で駆け上がるとよりカロリーを消費しますから・・・

 

現在、便利になっている物、事柄はたくさんありますが、ことダイエットにおいては弊害となっているものは、『ダイエットのため、美容のためにと我慢するのではなく、始めから無いものである』と考えて生活するようにされると良いと思います。

着けるだけで腹筋を鍛えることが出来る!最新のemsマシン比較コンテンツ
ems腹筋マシン口コミランキング
emsマシン集合写真