体重(体脂肪率)測定よりも見た目、採寸を重要視した方が良い…

体脂肪率は毎日測定を行っていても、数値にばらつきがあるように今でも感じています。いくつか書籍をみましたが、そういう風に書かれておられる方も何人かいらっしゃいました。

 

本来、体脂肪率を正確に測るにはおおがかりな装置が必要らしいです。私の経験からも家庭用体重計における体脂肪率測定では、食事の前後、お風呂の前後などでも、かなり数値が変動していました。

 

体脂肪率というもの自体は、それほど劇的に短時間で変動するものではないと思います。とはいえ、その体脂肪率の平均値を一ヶ月単位くらいで比較してみると、それなりに体重、見た目にそった数値を示しています。

 

ですから、家庭用体重計の体脂肪率というものは、『目安』というくらいの気持ちで利用されるのが良いかと思います。

 

私自身、体重、体脂肪率においては、頑張りの割にはさほど喜んでよいほどの変化は見られなくても、鏡に映った自分の姿になんとなく変化を感じたり、いつもはいているズボンがなんとなくゆるく感じたりしたことがありました。

 

このなんとなくを具体的に数値化すれば、ダイエットの成果をより感じることができると思うのです。その方法として最も簡単なのが、ウエスト周りの測定なわけです。

 

文房具屋、あるいは手芸品屋さんなど500円くらいで購入できると思います。(もしかしたら100円ショップにもあるかも・・・)

 

せっかくの頑張り・・・その成果をいかに具体的に可視化させるか?いかに多く実感することができるか?がダイエットの継続、そして楽しく行うためには重要ですね

着けるだけで腹筋を鍛えることが出来る!最新のemsマシン比較コンテンツ
ems腹筋マシン口コミランキング
emsマシン集合写真