内臓の元気に自信の無い人…お腹周りに外からガツンと刺激!

お腹…いわゆるお腹には胃、肝臓などの内臓、そして腸がおさめられています。内臓に元気が無いことは、将来的になんらかの病気へのリスクが高い状態であるということはいうまでもありません。

 

それだけでなく、内臓に元気が無ければ、代謝量も落ちてしまいますから、太りやすい状態であるともいうことができます。

 

そして太るということは・・・不健康へとつながります。正に負のスパイラルですね。

 

『最近、お腹がぐぅ~ときっちり鳴ってくれない』、『正常に食欲が機能していないように感じる』、『以前に比べお酒を飲んだ翌日にどうもお腹がしっくりこない』、『便通が悪い』など『内臓に元気が無い』方・・・

 

スリムで健康な身体を手に入れ、それを継続させるために、『適度な運動』、『バランスの良い食事』、『ストレスと上手に付き合う』など本サイト内にて再三書かせていただいていますが、今回は、『お腹』・・・内臓を元気にするというところにポイントを絞ってみたいと思います。

 

先述の『適度な運動』、『バランスの良い食事』、『ストレスと上手に付き合う』というものは、健康のための基本であります。それらを心掛ける、実践することで結果として『内臓も元気になる』というものです。

 

しかし、他方で、外部からなんらかの刺激を与え、活性化させるということも内臓を元気にするのに有効であると私は思います。中国の伝統的手技療法である推拿の中に、振法という指・掌など押しつけ、細かく、連続的に振動させる手技が存在します。

 

患部(施術部位)に振動を与えることで気の流れをよくするという意義・意味を持つ技です。振動が、元気のないからだ(内臓)を元気にする働きがあるということは東洋(中国)医学においても古くから知られているのです。

 

 

手技においては、振動だけでなく施術者の気などの要素もあるとはいえ、振動を上手に活用することで『内臓元気=基礎代謝UP⇒スリム=健康』におおいにプラスに作用するわけです。

 

そして、この振動に関しては、外からの刺激ですから、受け手は『正に受けるだけ』・・・のダイエットといえるわけです。

 

ですから、この振動を受けることができるアイテムは、アリだと私は思います。シックスパッドなどのemsマシンと混同してしまう方もいるかもしれませんが、emsマシンと振動マシンは別物です。

  • Emsマシンは腹筋を収縮させ、鍛える商品です。
  • 振動マシンは腹筋に振動を与え、代謝アップ、リラックスなどを促す商品。

振動マシンは、スリミングベルトという商品を楽天でよく見つけることが出来ますね…。

 

Emsマシンに振動が全くないというわけではありませんので、それなりに振動による恩恵を得ることはできると思いますけどね…。

 

更には、私が愛用しているemsマシンのパーフェクト4500hotには温熱機能までありますし…振動でからだ・内臓に刺激を与え、元気な臓器・正しい食欲・きっちり快便健康スリムを目指されてみるのもありだと思います。

着けるだけで腹筋を鍛えることが出来る!最新のemsマシン比較コンテンツ
ems腹筋マシン口コミランキング
emsマシン集合写真