スローライフはダイエットなのか…!?

現代人は昔の人に比べ、せっかちであるとよく言われます。生活に追われ、仕事に追われ・・・特に首都圏ではその傾向が強いようです。

 

家事・仕事に追われていると、そのことで頭が一杯になり、生活の基本である食というものをないがしろにしてしまうことがあります。

 

  1. 忙しさのあまり、食事を抜いてしまう・・・その分、夜の食事量を増やしてしまう。
  2. 寝る時間を優先し、朝ご飯を抜いてしまう・・・
  3. 時間を惜しむがあまり、早食いが習慣化してしまう・・・

思いあたることはありませんか?

 

これは、ダイエットは元より健康にも良い習慣であるとはいえません。一つ一つみていきますと・・・

 

1は、空腹時と満腹時のメリハリが強くなってしまう習慣であります。そうしますと、体内の血糖値の上昇下降の振れ幅が大きくなってしまいますので、一回の食事の後の血糖値の上昇比率が高くなってしまいます。

 

そうすることでそれを抑えるため、多量のインスリンが発生してしまいます。インスリンは体内に脂肪を溜めようというシグナルになるホルモンでもありますから、1の習慣は脂肪を溜め込んでしまう生活習慣であるといえるのです。

 

2は、1と同様に、血糖値の上昇下降の振れ幅を大きくしてしまいます。そして、これから日中活動するための栄養を抜いてしまっているわけですから、活発に活動しようにも、活動に使用する栄養が不足してしまっているわけです。

 

これでは、仕事の効率が落ちるのはもちろん、健康にも良いとはいえませんし、身体の各器官が活発に働こうにも働けないわけですから基礎代謝も下がってしまいます。痩せにくく、太りやすい習慣であるといえます。

 

3は、早食いをしてしまうことで、十分な満腹感を得ることなく、必要以上の食物を身体に運んでしまうことになります。

 

特に1、2は不健康な習慣ではあるけれど、何となく痩せそうな気がする・・・と誤解されていることもあります。

 

誤解を改め、三度の食事をありがたく、感謝し、ゆっくりと食べる習慣をつけていただきたいと思います。そうすることが、実は、ダイエットであり、健康な身体作りでもあるのです。

着けるだけで腹筋を鍛えることが出来る!最新のemsマシン比較コンテンツ
ems腹筋マシン口コミランキング
emsマシン集合写真