体重の落ちない時期があるのはどうしてなのか!?

私自身の経験でもあるのですが、体重の落ちない時期というのがあります。今回のそのメカニズムについて探っていきたいと思います。

 

ダイエットがすぐには効果が現れないということは以前書かせていただきましたが、実のところ数字の面では、すぐに効果がでることが多いです。

 

それは、それまでの生活習慣によるものであります。

 

例えば、私の場合ですと、ダイエットについて真面目に学び始めるまで、

  • 運動はほとんどしていない
  • から揚げ、マヨネーズ大好き
  • 寝る前のラーメンはやめられない
  • お酒は毎日ビールとチューハイ合わせて500mlは飲む

という生活をしてきていました。

 

摂取のタイミングの悪さもさることながら、摂取カロリー自体が、【私の一日の総エネルギー量】を大幅に上回っていたはずです。

 

おそらくダイエット前は3000~3500kcal/1日くらい摂取していたと思う。

 

ダイエット開始後は運動もさることながら食事に気をつけることで摂取カロリーを1500~ 1600kcalくらいにまで落としました。

 

ですから、食事調整だけでも結果一日あたり≒1500kcalのカロリーカットをしたことになるのです。

 

脂肪が1kg燃えるのに7000kcalですから、4~5日で1kg脂肪を落とすことができていたのです。

 

それに運動もプラスされていますから、これ以上のダイエット効果があったというわけです。

 

また、余剰だった水分の放出もありますから、私の場合、これらをすべてが要因となり『2週間で2.4kg・2ヶ月で4.4kg』痩せたわけです。

 

こうしてみていくと、

  • ダイエット開始からしばらくの期間
  • 余分な水分が身体に残っている期間

というのは体重がよく落ちていくと考えることができます。

 

逆に余分な水分が身体から抜け、ある程度身体のシェイプアップを実感することができ、食事調整も板についてきたなという時期からは、カロリー消費量と摂取量のバランスの急激な変化が無いわけですから・・・中々体重が落ちていかない・・・となるわけです。
↑↑このレベルまでくると、食事調整にさらに手を加えるのは控えた方が賢明であります。

 

まだまだ痩せなければということでの食事調整・・・きりがありません。
大まかな計算上(人の一日の総消費エネルギー量が、人の一日の総消費エネルギー摂取量を上回れば痩せていく)、今の生活習慣が問題ないのであれば、変化しないからと悩むこと無く、『そういう時期にまで来ることができたことを喜び、その習慣をさらに継続させる』ことをおススメします。

 

後は、楽しんで運動!!の習慣の継続が大事ですね。結果が出ない時期に結果を求めてのさらなる頑張りは精神面からもリバウンドの危険大です。

 

高い理想はあるにしても、『今でもそこそこいけてる!』と思うことが大事ですね。

着けるだけで腹筋を鍛えることが出来る!最新のemsマシン比較コンテンツ
ems腹筋マシン口コミランキング
emsマシン集合写真