断食ダイエットするにあたって、心がけることとは…。

断食のダイエット効果に関する口コミ・評判・体験談8

以前、ダイエットとして断食をしようと思ったときがありました。スマホでダイエット法について色々調べていたら、断食(ファスティング)という言葉がヒットしたからです。

 

様々なやり方があって、3食全部抜くのを数日間続けるものから、1日1食だけ抜くプチ断食などがありました。そのときは、すぐに効果が欲しいけれど数日間続けるのは仕事があるので厳しいと思い、1日だけの断食をおこなってみることにしました。

 

本当は前日などから準備期間を設けなければいけないのですが、思い立ったらすぐに実行してみたかったので、準備期間無しでいきなり始めてみました。

 

朝から口に入れるものはお水だけ。(水も飲まないのは断食ではなく、絶食というそうです。)そりゃあ、すぐにお腹がぐーぐーなりました。でも、そんなときは何かに集中するように心がけたり、眠くもないのに昼寝をしてみたり。

 

とりあえず、食べ物のことを少しでも考えないように一日を過ごしました。ただ水分だけはとっていたので、満足感はないけどお腹はすいていない、みたいな状態でした。夕方までは結構平気だったのですが、夜になってくると無性にご飯が食べたい。

 

気付くと今日のご飯は何かな、なんて考えては、食べれないんだった、と思い出すことの繰り返し。ご飯を食べないように早く寝ようと思っても、無駄に昼寝なんかしたばかりに全然眠くならない。

 

実家に住んでいたので、母親がご飯の準備をしだすのが分かる。もう考えだしたらだめですね。結局、夜ご飯少しだけ食べてしまいました。さすがにいつも通り食べるのはダメだと思い、おかずをほんの少しだけ食べました。

 

食べてから後悔しましたが、もう遅いです。しかし、次の日に体重を計ってみたら1.5キロくらい前日より減っていました。ほとんど食べてないのだから当たり前なのでしょうが、そのときはとても嬉しかったのを覚えています。

 

断食をするにあたってひとつ言えることは、自分の近くに食べ物を置かないことです。少しでも食べ物が視界に入ると、食べたくなります。小さいお菓子なんて置いてあったら、小さいし良いかな、なんて思って手をのばしたくなります。

 

でも、それでは意味が無いですよね。なので、少しでも食に関することを考えなくても良いような環境作りから始めるのが良いと思います。
断食ダイエットの際の注意

コチラも併せてお読みください。人気No1記事。
買って本当に満足できるのems腹筋マシンはどれなのか?検証!
emsマシン集合写真