スレンダーマッチョプラス(加圧シャツ)で適切な力の入れ方をマスターする

加圧シャツ・着圧シャツの口コミ19

ダイエットがてら筋トレを始めましたが、一向に筋肉が培われません。とりわけ、腹筋と胸筋に全くと言っていいほど変化がなく、一体全体何のために筋トレをやっているのやら分かったモノじゃありません。とはいえ、トレーニング自体はそれなりにこなせるようになっているんですよ。

 

例えば、腕立て伏せなら30回くらいは軽くできるようになりましたし、腹筋運動に関しても20回ほどなら苦も無くこなせるようになりました。にもかかわらず筋肉が培われない・・。一体どういうことなのでしょうか。こちらとしては、前述のトレーニング(腕立て伏せ30回、腹筋運動20回)をこなせるようになれば、ある程度は体型に変化があると思っていたのに・・。

 

そんな折にスレンダーマッチョプラスという加圧シャツを友人に勧められて購入した私。これのおかげで、みるみるうちに体型に変化が現れまして、今ではまるでボクサーのようなキレッキレの筋肉を身に着けることが出来たのです。さて、スレンダーマッチョプラスを着てみてヒシヒシと実感したのが「今まで間違った力の入れ方をしていた」という事です。

 

腕立て伏せ

いやね、前述したように腕立て伏せなら30回、腹筋運動なら20回こなせると言いましたが、その際、どうやら適切な部位に力を入れていなかったようなんですよね。例えば、腕立て伏せなら肩のあたりに力が集中していましたし、腹筋運動なら太ももの辺りに力が集中していました。要は、目的とする筋肉とは関係のない部位が鍛えられていたわけなんですねえ。

 

それがですよ、スレンダーマッチョプラスを活用するようになってからは、腕立て伏せなら胸筋や上腕二頭筋を、腹筋運動なら腹筋をしっかりと意識しつつトレーニングできるようになったのです。筋トレを実践するうえでこの点は非常に重要で、ただただ回数をこなすだけでは何の意味もありません。

 

まずは適切な力の入れ方をマスターすることが求められ、スレンダーマッチョプラスにはそういった事をサポートしてくれる効果が備わっているのです。

 

加圧シャツを着用していると筋トレ時に、筋肉を意識しやすくなるということはありますね。皮膚からの刺激がある分、部位部位をはっきりと切り分けて感じやすくなります。