デブにならない低カロリーなおやつ5選

低カロリーなおやつに関する口コミ・評判・体験談5

ダイエット中はもちろん、普段から高カロリーのおやつを食べていると、すぐに脂肪になってしまいます。運動の習慣があるならまだしも、特に筋トレなどをしていない人なら、おやつが原因でデブ体型になることもあります。

 

どうせ食べるなら、低カロリーのおやつに限定したいですから、お勧めのおやつをまとめてみます。

 

1.ドライフルーツ

あらゆるフルーツを乾燥させてつくられたドライフルーツ。

 

体に必要なミネラルはそのままで、甘酸っぱい風味が空腹を満たしてくれます。

 

特にマンゴーなどは噛みごたえのあるものですから、いくつか口に入れると満腹感がでてきます。

 

2.おつまみの「あたりめ」

お酒を飲む人がよく好んで食べるのがあたりめです。

 

するめいかを乾燥させたもので、お酒のおつまみとして定番のメニューです。

 

お酒を飲まない人でも、そのままおやつとしても食べられるし、固いので歯ごたえがあります。

 

噛む回数が増えるおやつですから、少し食べただけで満足しやすく、カロリーも低いのでお勧めです。

 

3.ヨーグルト

オフィスでは食べにくいかもしれませんが、自宅ではヨーグルトを食べる習慣もアリです。

 

乳酸菌が腸の動きを活発にして、ぽっこりお腹を改善する効果も期待できます。

 

最近では、低カロリーなのに味のバラエティーが豊富になっています。

 

いちご、ブルーベリー、キウイ味などを揃えて、飽きないように食べ分けるのもポイントです。

 

4.くず餅

和菓子でもあるくず餅は、もともとカロリーが低い素材を使っているので安心です。

 

黒蜜やきな粉をいっぱいかけて食べると、独特の甘みで食欲が満たされます。

 

腹持ちのよいおやつの定番メニューとして、多くの人が取り入れているお菓子です。

 

5.こんにゃくのお菓子

こんにゃくは低カロリーで、ダイエット中によく食べられる食材です。

 

こんにゃくのゼリーは、多めに食べてもカロリーを抑えられますし、お腹の調子も良くなるといいます。

 

食物繊維がたっぷり入っていますから、女性の美容にも効果があります。

デブ体型になってしまう理由のひとつは、間食をながら食いする習慣があるからです。

 

チョコレートやクッキーなどの高カロリーなおやつは厳禁で、脂肪タブタブ体型になってしまうので注意してください。

 

これからは、ご紹介した低カロリーのおやつを選んで、普段から体型キープを心がけてくださいね。