妊娠中には太れない!低カロリーの手作りおやつを食べて頑張りました

低カロリーなおやつに関する口コミ・評判・体験談4

妊娠中にとても甘いものが食べたくなりました。妊娠する前はそれほど甘いものが好きではなかったのに、とても不思議です。安定期に入る前はつわりがひどくてかなり体重が減ってしまったのですが、安定期に入ると食欲が出てきて特に甘いものが食べたくなったんです。妊娠してからはすごく甘いものが美味しく感じるようになり食べていると、体重がどんどん増えてしまいお医者さんから体重を増やさないようにとアドバイスされました。体重が増えると妊娠中毒症を引き起こすと怖いことを言われて、甘いものを食べるのをどうにかしてやめないといけないと思いました。

 

一切おやつを食べないというのは考えられないので、低カロリーのおやつやお菓子を食べるようにしようと思いました。市販で売っているお菓子はとてもカロリーが高いのでこれは食べるのをやめました。低カロリーのおやつですが手作りが一番だと思います。私はお菓子作りは苦手なのですが、これをきっかけに料理本を買って自分が美味しく食べることができる低カロリーのおやつを作ることにしました。

 

例えばスコーン、ノンフライのポテトチップス、ゼリー、カップケーキや豆乳で作るプリン、おからクッキーなどを作るのですが全てお砂糖は控えめ、またはなしにして作っています。最初は物足りないなぁとか、甘いものが食べたいと思ったのですが、食べているうちに味に慣れてきて満足することができるようになってきました。生まれてくる子供を無事に出産したいという気持ちが強く、カロリーの高いおやつは絶対に食べないと思いました。

 

私が特に美味しいなぁと思ったのはミルク寒天ですね。お砂糖を使うことはなく、きなこや黒蜜などをかけて食べるのでとても低カロリーです。お腹が満たされますしよく食べました。ツルリとしてのど越しが良くて良いですし、妊娠中に悩んでいた便秘が解消しました。妊娠したおかげで低カロリーのおやつのことを知ることができ、勉強になりました。