腹筋ローラーとフラフープが短期間で簡単に腹筋を割るには良い

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ8

以前から腹筋を割るのが夢で、とくに短期間で腹筋を割りたいといろいろと試してみました。

 

結果的に、短期間で腹筋を割るために効果があったトレーニングは、まずは腹筋ローラーによるトレーニングとフラフープの2つの運動だという結論にいたりました。

 

まずは、腹筋ローラーですが、安価で購入出来ますし、自宅でトレーニングする事が出来ます。

 

腹筋ローラは、最初は膝を着いた状態で腹筋ローラーを前に転がして行きます。

 

最初は、膝を着いた状態でも肩回りやお腹周りの筋肉を使うので、10回するのも難しかったです。次の日には、お腹周りや肩回りがなんだこの痛みはというくらいの筋肉痛が出ました。

 

筋肉の時には、本来やらない方がいいのですが、私は早く腹筋ローラーの回数を増やした方なので最初のうちは、毎日この腹筋ローラーを行っていました。

 

そのうち腹筋ローラーは、膝を着かない状態で出来るようになりましたが、腰への負担が掛かるので腰の弱い人は膝は着いた方が腰への負担が軽減出来ます。

 

しかし、腹筋ローラーだけでは、短期間での腹筋の引き締めは、厳しいので同時にフラフープを回すのも始めました。このフラフープも最初は上手く回せずに苦戦しましたが、回せなくても次の日には、お腹がかなり筋肉痛になったりしたので、お腹の筋肉が鍛えられている事は実感出来ました。フラフープは、慣れると回せるようになり右回しと左回しを20分ずつ合わせて40分程度やれば、かなりの運動になります。

 

運動はこの腹筋とローラーとフラフープの2種類だけで、あとはプロティンを意識して摂取するように心がけました。

 

このプロティンは、筋肉を作る時に有効なので、筋肉を作る運動を同時にプロティンも摂取しました。その結果、1ヶ月で憧れの割れた腹筋を手に入れる事が出来ました。

 

腹筋ローラーとフラフープは、自宅で簡単に出来て、両方とも安価で購入出来るのが魅力です。短期間で腹筋を割るには、やはり1ヶ月程度は掛かってしまいます。

短期間で腹筋を割ることに関するサイト管理人整体師コウタ監修記事はコチラ

腹筋割る方法!簡単に短期間ですぐに腹筋を割るには…