短期間で腹筋を割るなら、食事制限と腹筋ローラー

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ2

短期間で腹筋を割るには、まず、お腹の脂肪を落とす必要があります。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は脂肪を燃焼させてくれますが、労力がかかります。

 

それに、運動をするとお腹がすくので、その分食べてしまい、痩せずらいです。それを踏まえると、短期間で脂肪を落とすのに、一番効果的なのは、やはり、食事制限です。特に、日々の食事で、炭水化物を抜いたり、ジュースなどを水かお茶に変えたりして、糖質を控えることが効果的です。

 

後は、食事の際に、食品を食べる順番に気を配ってください。サラダなどの野菜から食べ始め、次に肉類、最後にご飯などの炭水化物を食べて下さい。そうすることで食後の血糖値の上昇を抑え、糖の吸収を抑え、脂肪が蓄えられずらくなります。それではお腹が物足りないという人は、サラダ、肉類の量を増やして、お腹を満たしてください。絶対にご飯の量を増やしてはダメです。最初は炭水化物を食べたくなるかもしれませんが、慣れてきたら、特に炭水化物を食べたいとは思わなくなってきます。それを2週間続けるだけで、目に見えた効果が得られるはずです。そして、食事制限と同時に腹筋運動もしましょう。手短に腹筋を割りたいのならば、負荷の強い腹筋運動をする必要が有ります。

 

オススメの腹筋運動は、腹筋ローラーです。普通に腹筋するより、腹筋にかかる負荷が大きいためです。できる人は最初から膝をつかずに、やってみてください。かなり強い負荷が腹筋にかかるので、初めての方は、数回で翌日筋肉痛になるはずです。いきなり膝をつかずに腹筋ローラをやるのが厳しい方は、最初は膝をついてやってみてください。

 

ここで、自分のできる限界までの回数、腹筋ローラーを転がしてください。それを数日間続けると(筋肉痛が激しい場合は数日置きでも大丈夫です)、膝をつけなくても、腹筋ローラーができるようになります。それからは、膝をつかずに同じように続けてください。膝をつけるより少ない回数ではるかに高い効果が得られます。腹筋を短期間で割るなら、食事制限と腹筋ローラーです。私の場合は、この方法で、2週間で7キロ痩せて、腹筋も6つに割れました。

短期間で腹筋を割ることに関するサイト管理人整体師コウタ監修記事はコチラ

腹筋割る方法!簡単に短期間ですぐに腹筋を割るには…