腹筋割る方法!簡単に短期間ですぐに腹筋を割るには…

運動嫌いでも出来る腹筋を割る簡単な方法とは…

薄着をカッコよく着こなしたり、海で羨望のまなざしを集めるために腹筋を割りたい、バキバキの腹筋にしたいと思う人は多いのではないでしょうか?

 

ですが、バキバキに割れた腹筋は、アスリートとか、暇さえあれば筋トレしているような人だけが手に入れられるものだと思って「自分には無理」と思ってはいませんか?

 

今回は、そんなアスリートでも筋トレマニアでもないアナタでも出来る腹筋の割り方を伝授したいと思います。

 

まずは内臓脂肪を、体脂肪を何とかしなければいけない

腹筋割る方法は?という前に、内臓脂肪、体脂肪が余分についてしまっている人は、まずはそれを何とかしなければなりません。それを何とかすることなく、腹筋を割ることは不可能です。

 

ではどうすれば?となりますが、その対策としては…

有酸素運動(ジョギング・ウォーキング・水泳など)・食事制限についての心得

理想的には、有酸素運動も食事制限も目一杯頑張られるのが良いjに決まっていますが、今回は「楽に・簡単に・短期間で腹筋割る方法」というのがテーマですので、目一杯頑張りなさいとは書きません。

 

有酸素運動に関しては、「出来るだけエスカレーターを使わず、階段を使う」、「仕事が早く終わった日は一つ前の駅で降りて歩いて帰る」くらいはできれば工夫していただければと思います。

 

食事制限に関しては、炭水化物・糖質(甘い物)を極力控えていただきたいです。人が生きていく上で必要な三大栄養素と言えば、タンパク質・脂質・炭水化物(糖質)と言われていますが、その中でも糖質は体内でブドウ糖に分解され、エネルギーとして利用されます。

 

主食としてごはんをきっちり摂り、砂糖たっぷりの清涼飲料水を飲み、時にはお菓子も…にも関わらずデスクワークで動かない。

 

これでは、糖質を過剰にとり過ぎてしまっていると言わざるを得ません。エネルギーとして消費できない糖質の全ては肝臓で中性脂肪に変換されて、皮下脂肪、内臓脂肪などとして体内に蓄積されます。

 

脂質もダイエットには悪いのでは…と思われるかもしれませんが、何から何までいきなり制限するのも大変でしょう。脂質は細胞膜の主成分だったり、血管を柔らかく保つなどの働きがあり健康維持には欠かせない栄養素。制限し過ぎるのは良くありません。

 

まずは、三大栄養素の中でエネルギーになるか中性脂肪になるかしかない糖質を制限することだけで良いので実践してみてください。最初は違和感があるかもしれませんが、元々糖質過多ですから本来は改善する必要があります。

 

なんだよ…簡単とか言っておいて糖質制限しろっていうのかよ…と思われるかもしれませんが、これは実際にやってみると、短期間(2、3日)でその効果をわかってもらえると思います。

 

効果絶大であるが故、簡単に、楽にと謳っていたとしてもここを外すわけにはいきません。是非試してみてください。

 

逆に、タンパク質、脂質を制限する必要はありませんから、糖質制限のストレスはそちらの摂取で晴らしてもらっても大丈夫です。

 

腹筋割るには骨盤矯正・骨格矯正は関連してるの?

骨格・骨盤が歪んでいると、消化など内臓の働きに悪影響を及ぼし、結果、ぽっこりお腹の原因となっている場合あります。更には、骨盤が前傾しすぎていると、それほど体脂肪がついていないのに腹が出ているように見えてしまうこともあります。

 

骨盤矯正・骨格矯正は、激しい運動ではありません。骨格矯正ストレッチ、骨盤矯正体操などを実践してみてください。

 

腹筋を割るにはやはり腹筋トレーニングは必要

emsマシンという機械を使えば筋トレをしなくても筋トレが出来る!これは事実!

最後にやはり外せないのは腹筋トレーニングですね。腹筋が割れている状態というのは腹直筋、外腹斜筋の盛り上がり、メリハリ、分かれ目(起始部・停止部)が目で認識できる状態です。

 

腹直筋、外腹斜筋の盛り上がり、メリハリをつけるにはやはり腹筋トレーニングは欠かせないのです。

 

個人差はあると思います。元々皮下脂肪薄めな体質の場合、糖質制限を1ヵ月から2ヵ月程実践しただけで勝手に腹筋が割れてくるという場合もあります。

 

しかし、当然そうではない人もいるわけで、そういう極々一般的な人にとっては腹筋トレーニングは腹筋を割る上でぜひ取り入れたい有効な手段であると言えます。

 

ただ、腹筋をするのも大変・・・。ですが私はEMSマシンを活用しているので、腹筋トレーニングをすることはありません。EMSマシンは腹直筋、外腹斜筋も腰を痛めることなくピンポイントでトレーニングできます。

 

何もしなくて着けているだけで本当に意味あるのかよと思われるかもしれませんが、実際に着けてみれば腹筋がピクピクしたり、痙攣しそうになります。emsマシンというのは本当に着けているだけで筋トレできるのです。

 

筋トレにしろ何にしろ継続できるかどうかが大事ですが、emsマシンは着けているだけでいいので自宅・お部屋でテレビを見ながらでも出来ます。続けやすさは最強レベルです。

 

腹筋しまくれますから割れたバキバキの腹筋にするには必須アイテムと言ってよいでしょう。

 

emsマシンはワンダーコアより楽

その他、腹筋を鍛えるための日頃の心得

  • 美木良介のロングブレスダイエットというのが一時期流行りましたが、時間がある時に思い出したようにやる習慣をつける。
  • ドローインダイエットというのも一時期話題になりました。簡単に方法を書くと「お腹をへこませたままで呼吸をする」ということです。ドローインダイエットでは腹横筋が鍛えられます。

これらは、空いた時間に気軽にできます。ロングブレスダイエットは入浴前に5分だけ必ずするなど。ドローイングダイエットは、仕事中でもやろうと思えばできなくありません。

 

簡単に短期間で腹筋を割る方法まとめ

腹筋を割るための方法、アプローチとして、有酸素運動・食事制限・骨盤骨格矯正・筋トレがありました。

 

今回は、その中でも、苦痛が伴う取組をカットしつつ、最大限に効果を発揮する取り組みや簡単に苦痛なしに取り組めるアプローチをピックアップしてミックスさせてみました。

 

これらをバランスよく続けることで、きっとあなたの腹筋は割れるはず…応援しています!!

短期間で腹筋を割るには…みんなの声・口コミ

集中的なトレーニングと徹底した食事管理によって短期間で腹筋を割る

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ1

海シーズンの夏場に向けて短期間で腹筋を割りたいという男性は非常に多いです。よくファション雑誌などでも腹筋の割方などが取り上げられていますが、その多くはトレーニング方法のみ記述しており、肝心の栄養素である食事の部分が欠けています。短期間で腹筋を割りたいのであれば腹筋を割る為のトレーニングだけでなく、自分の体質に適応した食事管理が最も重要となります。

 

例えば増量中のボディビルダーやプロレスラーを見てもらえれば分かるのですが、彼らは腹筋こそ鍛えてはいるものの、腹筋は割れているように見えません。なぜなら身体を絞る為ではなく、身体を大きく見せる為の食事に徹底しているからです。つまり、どれだけ腹筋を徹底的に鍛えようとも、きちんと栄養素を考えた食事を摂取しないと割れた腹筋を持つことはできません。

 

では割れた腹筋を手に入れる為の食事とは何か?それはダイエットでも使われるような高タンパク質で低脂肪の食事です。タンパク質は筋肉を構成する為に必要な栄養素であり、自分の体重1kgあたり1.5gのタンパク質が1日の摂取量目安となります。栄養素を気にせず食事をしていると、この目安量のタンパク質を摂取するのはほぼ不可能な為、食事とは別にプロテインを摂取するようにしましょう。

 

余分な脂質を摂取したくないのであればソイタイプのプロテインがオススメです。普段の食事はなるべく脂質が低い食材を選ぶのが理想で、肉であればささ身や皮無しの鶏むね肉、魚であれば鯖がオススメになります。逆に摂取してはいけない食事は高カロリーでタンパク質量の少ないもので、ラーメンやフライドポテトといったジャンクフードは腹筋を割る為の食事に適していません。

 

炭水化物はトレーニングを補助する役割を持っており、腹筋を割るトレーニングの効果を最大限に引き出す為に必要です。食事はトレーニングよりも大事なので、腹筋を短期間で割りたいのであればまずは食事から見直してみましょう。

 

短期間で腹筋を割るなら、食事制限と腹筋ローラー

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ2

短期間で腹筋を割るには、まず、お腹の脂肪を落とす必要があります。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は脂肪を燃焼させてくれますが、労力がかかります。

 

それに、運動をするとお腹がすくので、その分食べてしまい、痩せずらいです。それを踏まえると、短期間で脂肪を落とすのに、一番効果的なのは、やはり、食事制限です。特に、日々の食事で、炭水化物を抜いたり、ジュースなどを水かお茶に変えたりして、糖質を控えることが効果的です。

 

後は、食事の際に、食品を食べる順番に気を配ってください。サラダなどの野菜から食べ始め、次に肉類、最後にご飯などの炭水化物を食べて下さい。そうすることで食後の血糖値の上昇を抑え、糖の吸収を抑え、脂肪が蓄えられずらくなります。それではお腹が物足りないという人は、サラダ、肉類の量を増やして、お腹を満たしてください。絶対にご飯の量を増やしてはダメです。最初は炭水化物を食べたくなるかもしれませんが、慣れてきたら、特に炭水化物を食べたいとは思わなくなってきます。それを2週間続けるだけで、目に見えた効果が得られるはずです。そして、食事制限と同時に腹筋運動もしましょう。手短に腹筋を割りたいのならば、負荷の強い腹筋運動をする必要が有ります。

 

オススメの腹筋運動は、腹筋ローラーです。普通に腹筋するより、腹筋にかかる負荷が大きいためです。できる人は最初から膝をつかずに、やってみてください。かなり強い負荷が腹筋にかかるので、初めての方は、数回で翌日筋肉痛になるはずです。いきなり膝をつかずに腹筋ローラをやるのが厳しい方は、最初は膝をついてやってみてください。

 

ここで、自分のできる限界までの回数、腹筋ローラーを転がしてください。それを数日間続けると(筋肉痛が激しい場合は数日置きでも大丈夫です)、膝をつけなくても、腹筋ローラーができるようになります。それからは、膝をつかずに同じように続けてください。膝をつけるより少ない回数ではるかに高い効果が得られます。腹筋を短期間で割るなら、食事制限と腹筋ローラーです。私の場合は、この方法で、2週間で7キロ痩せて、腹筋も6つに割れました。

 

短期間で腹筋を割るのに加圧シャツはかなり効果的

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ3

筋肉の中でもとりわけ、需要(人気)の高い部位といえば、やはり腹筋ではないでしょうか。プロアスリートのような6つに割れた腹筋を手に入れることが出来れば、異性にめちゃくちゃモテるでしょうし、何より自分に自信を持てるようになるんですよね。

 

だけども、筋トレの中でも腹筋を鍛えることは特に難しく、そう簡単に「6つに割れた腹筋」を手に入れることはできません。私自身、これまで(自己流ではありますが)腹筋を鍛えてきたものの、6つに割れるまでには至りませんでした。とはいえ、継続的に腹筋運動をこなしてきたため、回数はこなせるようになっているんですよ。

 

そうですねえ、半年が経つころには、軽く50回はこなせるようになっていたと思います。なのに、腹筋が割れてくれない。なぜなのでしょうか。そんななか、ネットで見つけた加圧シャツにどうしようもなく惹かれた私。これを活用しつつ筋トレを行えば、より効率的なトレーニングになるのではないかと考え、採り入れてみることにしました。というわけで、早速注文し、すぐさま使い始めたのですが・・。

 

とんでもない効果が得られています。いやね、加圧シャツを活用するようになってから、1週間も経たないうちに、腹筋に筋(すじ)が入るようになりまして、今まで見たことのないようなキレ具合なのです。おそらく、加圧シャツを着用したことによって、腹筋の正しい使い方(力の入れ方)というものが、身に付いたんだと思います。

 

なんというか、常に腹筋を意識できるようになっているんですよね。今までなら、腹筋運動をしているときだけ、お腹に力を入れているような感じでしたが、今では常に腹筋に力を入れていられるような状況です。このように、加圧シャツを活用すれば、短期間のうちに効果が現れますし、何より「正しい筋肉の使い方」というものが身につくので、すごくオススメです。価格も手頃な商品が多いですし、ダメもとでやってみてもいいんじゃないでしょうか。

 

弱った腹筋を強化するための日頃の特訓の結末

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ4

体を鍛えるなら色々な計画を立てることが重要だと思います。私は腹筋を割るために様々なトレーニングをしていました。その中には失敗した方法もあるので勉強になりました。実際に時間を気にするなら徹底的にトレーニングをすることが重要です。

 

私は腹筋を割るために毎日のように体を使いました。例えば空いている時間に腹筋のトレーニングをするだけでも高い効果が得られます。こういった体の鍛え方は慣れていると楽です。私は以前から腹筋を強化していたので抵抗感も少なかったです。

 

実際に短期間で腹筋を割るなら意識から変えることが重要です。私は疲れている時も腹筋のトレーニングを続けたので効果がありました。そのトレーニングでは腹筋に力を入れることがポイントです。そして何度も腹筋の周囲に負担を掛けました。

 

特に腹筋を鍛えていると体が痛くなることがあります。私は夜中にトレーニングをして鈍い痛みを覚えました。しかしそういった痛みも腹筋を割るためには重要なものです。なぜなら人間の筋肉は痛みを感じてから強くなるからです。つまり痛いからトレーニングを止めると腹筋を割ることはできないのです。

 

私も体を曲げて腹筋を鍛えていたので、頻繁に痛いと感じる瞬間がありました。しかし短期間で腹筋を割るという目標があったので諦めなかったです。実際にこの諦めないという気持ちは腹筋を割るために必要です。そして鏡で腹筋の様子を見るとやる気が出てきます。

 

私はある程度のトレーニングをしてから鏡を見ました。そこには以前よりも割れた腹筋があったのでテンションが高くなりました。そしてこれまで以上に腹筋を強化したいという意欲が出てきたのです。

 

このように短い期間の中でも結果に注目することは大事です。少しでも腹筋が割れているなら成果を見るべきです。私は短期間で腹筋を割ることに成功したので、そのヒントは結果を追い求めた部分にあると思います。

 

特に時間を気にするなら腹筋により強い圧力を掛けることも大事です。私はそのトレーニングを毎日のように続けて直に腹筋が割れました。

 

時間をかけないで割れた腹筋をつくりました

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ5

何事も時間をかけないと無理だと思っていました。何事も、じっくるとゆっくりとしないといけないと思っていたのです。でもこれだけは違いました。私の腹筋は割れているのです。それも短期間で割れてきたのです。毎日鏡を見ては笑顔になったのです。

 

あの誰もが知っているワンダーコアを買いました。毎日座っては倒れているのです。こんなにも簡単で、こんなにも効果が出たのです。私自身とても不思議な事なのです。腹筋が割れるなんて、正直言ってありえないと思っていました。でもこれが意外と簡単で、意外と短期間でできたのです。本当に嬉しいです。

 

ワンダーコアは、今ではとても有名になってどの家庭にも一台は置いてあるようなものなのです。たいして高価なものでもありません。手が届く金額だから、どの家庭にも置いてあるのでしょう。私の自慢でもある腹筋器具なのです。

 

座って倒れて、戻るだけなのです。こんなにも簡単で、こんなにもカッコいい腹筋が割れてきたのです。

 

重宝しています。以前はワンダーコアがない時には、私は床に座って一人で腹筋運動をしていました。床に背中をつけて、起き上がっての繰り返しだったのです。でもこの動作はとても辛いです。厳しいのです。だからすぐ挫折していました。長続きなんてしませんでした。でもこのワンダーコアが我が家に来た時からはずっと、使うようになったのです。以前のように、辛くはありません。苦しくもないから続けっれるのです。

 

正直なところ辛い事は嫌いです。でも目標を立てたのです。何とか短期間で腹筋を割りたいという、目標を立てたのです。だから目標達成のためにできたのです。とても嬉しかったです。

 

本来はかなりの時間がかかるものなのです。それが短期間でできるのです。こんなにも嬉しい事はありません。

 

割れた腹筋を見ていると、もっとカッコいい腹筋になりたいと思うようになったのです。だからこれからも持続してワンダーコアを続けていこうと思っています。

 

腹筋は「割る」ものではなく、「見せる」ものです

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ6

スラッとくびれた身体に、目に見えてわかる綺麗な腹筋。一度でいいからなってみたい、そう思ったことのある人も多いでしょう。

 

そんな想いに応えるように、巷には「1ヶ月で○kg落とす方法」や「2週間で腹筋に縦線をつくる!」といった、速効性を約束する記事がたくさん出回っています。でも、これらは本当に効果があるのでしょうか?

 

まず根本的な指摘をしますと、腹筋を「割る」というのには語弊があります。腹筋はすでに割れているものなのです。ただ、見えるか見えないかの違いだけです。要するに、体脂肪を落として、隠れている部分を露わにすればよいのです。

 

さて、腹筋はどのくらい痩せれば見えるようになるのでしょうか?大雑把に言うと、男性であれば最低10-12%、女性であれば15-17%まで落とさ無ければ腹筋ははっきりと割れて見えません。そして、「腹筋が見える程度の体脂肪率」というのは、同時に維持もしにくいのです。世のモデルたちがいかに毎日努力をしているかが想像できますね。

 

また、残念ながら部分痩せというものも存在しません。じゃあ腹筋は諦めるしかないのか!いいえ。短期間で簡単に、というのにこだわらなければ、努力次第で腹筋を見せることは十分可能です。

 

よく言われていることであまり面白みはないかもしれませんが、適切な食事・運動・睡眠を取ることによって、スラッとした体型に近づけます。ここでは、主に「運動」について触れることにしましょう。

 

私が実際に試して効果のあった運動法は、HIITとピラティスです。

 

HIITとは「High Intensity Interval Training」のことで、簡単に説明すると強度の強い運動とゆるい運動を交互に繰り返すトレーニング法の一種です。日本ではタバタ式なんかが有名です。

 

例としては、20秒間全速力で走ったあと10秒間歩く、という風に、運動に強弱のリズムをつけることで、一般的な有酸素運動より短時間でエネルギーを大幅に消費します。そのため、忙しいライフスタイルにも取り入れやすいです。

 

ただし、身体にかかる負担も大きくなるので、週に2-3回以上やらないのがベストです。

 

もう一つ頻繁に取り入れているエクササイズに、ピラティスがあります。見ている分には簡単そうですが、やってみるとなんとまあ、お腹の痛くなることか!インナーマッスルが悲鳴をあげる、体幹部を鍛えるのにもってこいのトレーニング法です。腹筋だけでなく、姿勢がよくなるなどの、様々な利点があります。

 

どちらのトレーニング方法も特に必要なグッズはなく、スペースさえあればどこでもできちゃいます。YouTubeでも参考動画はたくさん出ているので、ぜひチェックしてみてください。

 

最後に一言。

 

願望を持つことは何も悪くありません。でも、「腹筋さえ割れていたら」とか、「あと○kgさえ痩せれば」とか、成果が出なければ自分に自信が持てない、自分が好きになれない、とは決して思わないでください。あなたにはあなたらしい魅力があります。周囲やメディアにあまり左右されずに、自分を受け入れつつ、身体に磨きをかけていけばいいのです。

 

アメリカ発ハードエクササイズで腹筋を割るには間違いなし

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ7

アメリカ人というのは、車社会ですから、スポーツジムに通っている人が、日本の比較にならないくらいいて、多くの人がソフトエクササイズよりもハードエクササイズを好んでいます。

 

そんなハードエクササイズの中の1つ、インサニティが腹筋を短期間で割る方法としてもおすすめなのでご紹介しましょう。

 

インサニティ、これは本当にハードなエクササイズですので、ちょっと体的に問題があるというのであれば、必ず医師に相談してから行いましょう。

 

基本的には1日1時間、腹筋やジャンプ、スクワットなど、決められたメニューをこなしていくというもので、60日間のコースとなっています。

 

これを使えば、60日後には、普通よりちょっとぽっちゃりとした体型の方であれば、この期間内に確実に腹筋をきれいに割ることができます。

 

では、一体どんな内容化というと、初日から、エクササイズ初心者にとってはちょっとハードかもしれませんが、ノリの良い曲に合わせて10分くらいのカーディオトレーニングを6セット行います。

 

1セットの途中で普通の人であれば汗だくになりますし、筋肉がブルブルに震えてきます。

 

これを60日間やっていくのですが、徐々にそのエクササイズですのハードレベルは上がってくるので、体が慣れることはなく、それによって腹筋も出来上がりますし、もちろん、腕の筋肉、足の筋肉だってしっかりしてくるのです。

 

さらに、この効果をもっと早く出したいとか、もっと体全体に効果を与えたいという方は、食事を1日6回に分け、1食を少量にします。

 

それだけでなく、鶏の胸肉やささみ、そしてサラダなどの野菜を多く摂ることによって、プロテインが体の中に摂取されます。

 

これをインサニティ後に食べることで、より筋肉、腹筋がつきやすくなるので、おすすめです。

 

私もこれをやって見ましたが、それ以外にも毎日自転車で後ろに子供をのせて10km走ったりしていたら、ブヨブヨだったお腹がすっきりとなりましたし、体のラインも明らかに変わったので、おすすめの方法です。

 

腹筋ローラーとフラフープが短期間で簡単に腹筋を割るには良い

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ8

以前から腹筋を割るのが夢で、とくに短期間で腹筋を割りたいといろいろと試してみました。

 

結果的に、短期間で腹筋を割るために効果があったトレーニングは、まずは腹筋ローラーによるトレーニングとフラフープの2つの運動だという結論にいたりました。

 

まずは、腹筋ローラーですが、安価で購入出来ますし、自宅でトレーニングする事が出来ます。

 

腹筋ローラは、最初は膝を着いた状態で腹筋ローラーを前に転がして行きます。

 

最初は、膝を着いた状態でも肩回りやお腹周りの筋肉を使うので、10回するのも難しかったです。次の日には、お腹周りや肩回りがなんだこの痛みはというくらいの筋肉痛が出ました。

 

筋肉の時には、本来やらない方がいいのですが、私は早く腹筋ローラーの回数を増やした方なので最初のうちは、毎日この腹筋ローラーを行っていました。

 

そのうち腹筋ローラーは、膝を着かない状態で出来るようになりましたが、腰への負担が掛かるので腰の弱い人は膝は着いた方が腰への負担が軽減出来ます。

 

しかし、腹筋ローラーだけでは、短期間での腹筋の引き締めは、厳しいので同時にフラフープを回すのも始めました。このフラフープも最初は上手く回せずに苦戦しましたが、回せなくても次の日には、お腹がかなり筋肉痛になったりしたので、お腹の筋肉が鍛えられている事は実感出来ました。フラフープは、慣れると回せるようになり右回しと左回しを20分ずつ合わせて40分程度やれば、かなりの運動になります。

 

運動はこの腹筋とローラーとフラフープの2種類だけで、あとはプロティンを意識して摂取するように心がけました。

 

このプロティンは、筋肉を作る時に有効なので、筋肉を作る運動を同時にプロティンも摂取しました。その結果、1ヶ月で憧れの割れた腹筋を手に入れる事が出来ました。

 

腹筋ローラーとフラフープは、自宅で簡単に出来て、両方とも安価で購入出来るのが魅力です。短期間で腹筋を割るには、やはり1ヶ月程度は掛かってしまいます。

 

腹筋を割るには水分コントロール!

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ9

「腹筋を割る」とよく言いますが、実は腹筋は構造上、すでに割れています。でもそれが外側から見えないのはなぜ?脂肪のせい?それももちろんあるでしょう。でも、もっと重要なものがあります。それは水分。キレイに腹筋が割れているところを見せたいなら、腹筋よりも水分コントロールが重要です。

 

ほとんどの人の腹筋が割れて見えないのは、皮膚に含まれている水分が邪魔をしているからです。水分は人間の身体にとって欠かせないもの。そのため、身体は出来るだけ水分をため込もうとします。まず水分がたまるのは筋肉ですが、その次に水が溜まってしまうのが皮膚。水をため込んだ皮膚の層が厚くなることが、腹筋が割れて見えない原因です。

 

では体の中の水分を短期間で抜くにはどうしたらいいのでしょうか?サウナに通ったり、走ったりするのもいい方法ですが、水分をコントロールするために家庭で出来る方法もありません。それは浸透圧を利用すること。浸透圧というのは、水分と塩分がバランスを取ろうとする働きのことです。簡単に言うと、お風呂に塩をたっぷり入れた熱いお湯を張り、その中にゆっくりとつかります。

 

風呂の水に塩分が含まれているため、身体の中の水分は外に出ていきバランスを取ろうとします。その結果、身体の水分コントロールが可能になります。お湯はできるだけ熱めの、43度から44度ぐらいのものがいいでしょう。あまり熱すぎると長く入っていられないので、自分の身体にあった温度を選びましょう。

 

そうしてもう暑くてダメ、というところまでお湯につかった後は、厚めのタオルなどで身体を多い、その上に空気を通しにくい素材のものを着用、さらに上に毛布などをかぶって身体から熱を逃げるのを防ぐことで、さらに発汗を促進することができます。そうして水分を排出すると、腹筋の割れ目が見えるはず。ただし、水分を抜きすぎると脱水症状が起きて大変危険なことになります。無理だけは絶対に禁物です!

 

食事制限で腹筋を割る事ができました

短期間で腹筋を割るためのアドバイス・口コミ10

食事制限は辛いです。大好きなもの、食べたいものが食べれないのです。でもこの食事制限をする事で、私の腹筋が割れて立派になってきたのです。

 

食事制限で体脂肪を下げるのです。これが腹筋を割る近道だったのです。しばらく甘いお菓子はやめました。そして脂っこい揚げ物も大好きですが食べる事をやめたのです。一人では辛いので、一緒に住んでいる友人にも、家では食べてほしくない事を伝えたのです。食べたいと思っても食べれない事を、脳にわからせるのです。これも結構大変だったと思います。

 

優しとお魚中心の食事をするようにしたのです。毎日お肉じゃなくて、惜しいし野菜を食べれるのです。それだけで腹筋が割れたら、最高に幸せだと思ったのです。

 

本当は腹筋が割れている女性って、どうなのかなと思っていました。どうしても腹筋を割らないといけないのかと思っていたのです。でも今になって割れた腹筋を見ていると、本当に合の時頑張って良かったです。何度も食べようと思って、どれだけお菓子や揚げ物に手を出そうとしたでしょう。でもできませんでした。

 

ダイエットに成功した私を見たかったのです。腹筋を割れた私を見たかったのです。ダイエットをしたら必ず割れると思っていました。でもそれだけじゃなかったのです。ダイエットをしたら、体中が引き締まってくるのです。そんな私を見たかったのです。

 

そして出来上がった私の体を鏡で見ました。すごいのです。こんなにも腹筋が割れているのです。ただ食事制限をしただけなのです。こんなにも腹筋は割れてきているのです。とてもかっこいいです。とても素敵です。

 

あんなにも頑張った結果がここにあるのです。最高の体になったのです。

 

腹筋は太ったり、細くなる事はあります。でも腹筋が割れる事もあったのです。体を鍛えている男性だけがそうなると思っていました。でも女性の私でも鳴れたのです。ここまで割れた腹筋を見たのは、これが初めてでとても興奮しています。